ヨーロッパ歴史ゼミ紹介~総合文化コース教員 山之内克子(やまのうちよしこ)教授~

この記事は2019-2021年度入りゼミ生の意見を参考に作成しており、個人的な意見や年度によって異なる情報を含む可能性があります。最新情報は2022年度ゼミ募集要項をご確認いただくか教授・教務入試班にお問合せ下さい。

01.研究内容

ある一定期間のヨーロッパ、特に中欧の歴史や文化について研究。ヨーロッパ文化史や中欧文化史の授業の延長で、より深く自分が興味のあるテーマについて深く掘り下げていく。先生はウィーンのハプスブルク家について研究されている。

02.授業について

授業の進め方

半期に1-2回発表が回ってくる。自分が読んだ本をまとめた内容を話す。

オンライン授業の進め方

zoomを使用。1コマに2人発表を行い、先生や他のゼミメンバーからフィードバックをもらう。

受講時間

木曜3限。3,4年生合同。

課題

自分の発表までに、読んだ本についてのまとめてレジュメを作成。

教科書

特になし。基本的には自分の扱いたいテーマに関する本を読むため、指定図書はなし。

03.卒論について

必須。基本日本語であるが、他言語の文献を一つ参照することが推奨されている。個人の発表毎に卒論のワンブロックが埋まっていき、積み上げていく形で進めている。テーマは様々で、音楽の歴史や映画の歴史や観光産業、音楽、飲み物、文学、建築など自分が興味のあるものを設定することができる。

04.いいところ!

研究面

・授業では学ばないような深い部分まで、ヨーロッパの歴史や文化について学ぶことができる。自分が興味のあるテーマを設定でき、2年間かけてとことん突き詰めることができるうえ、中欧に特に詳しい教授から多くを学ぶことができる。

・ヨーロッパに関心があれば自分の興味のあるテーマを好きなだけ深堀りして進めることができる点。

研究以外

・先生はとても優しく、自分の研究進度に合わせたドバイスを下さる。ゼミの時間以外にもメッセージで質問をすることができるので、研究を進める上での不安を解消することもできる。

・ゼミメンバーもとても仲良く、良い雰囲気の中ゼミの時間を過ごすことができる

・先生が優しい。先生が親切に教えてくださる。

05.ゼミの雰囲気!

コロナ前は飲み会等あったが、私の代では直接メンバーと会う機会はない。しかし、オンラインで交流する機会があり、ゼミ以外の就活や授業についての相談やお話をすることができる。

06.選考

面接志望動機と研究テーマが問われる。倍率は2倍ほどだった。

07.山之内教授の研究分野はこちら!

総合文化コース教員 山之内克子(やまのうちよしこ)教授

関連記事

  1. ゼミ紹介~総合文化コース教員 林範彦(はやしのりひこ)教授~

  2. ヨーロッパ地域論/英語圏の文化と社会ゼミ紹介~総合文化コース教員 並河葉子(なみかわようこ)教授~

  3. 日本語研究ゼミ紹介~総合文化コース教員 岩男考哲(いわおたかのり) 准教授~

  4. 臨床心理学ゼミ紹介~総合文化コース教員 金沢晃(かなざわあきら)教授~

  5. 日本美術ゼミ紹介 総合文化コース教員~馬渕美帆(まぶちみほ) 教授~

  6. 社会学ゼミ紹介~総合文化コース教員 山本昭宏(やまもとあきひろ) 准教授~



カテゴリー

  1. 【1月末まで】FPUMS 生協で手作りみつろうラップを販売しています…

  2. リアルタイム留学体験記!12月分【後編】

  3. リアルタイム留学体験記!!12月分【前編】

  1. 【保存版】神戸市外大生に聞いてみた!関西おでかけスポットまとめ🎤

  2. 脱・雑談下手?!大学生150人にネタ質問してみた結果…【気になる…

  3. 脱・雑談下手?!大学生150人にネタ質問してみた結果…【気になる…

  1. 脱・雑談下手?!大学生150人にネタ質問してみた結果…【気になる…

  2. 脱・雑談下手?!大学生150人にネタ質問してみた結果…【気になる…

  3. 【第24回】AKIRAに君の膵臓を食べたい…日本とロシアを繋ぐのはアニ…