英語学ゼミ紹介~ICC・英米学科教員 兼 2部英米英語学英語研究コース 山口治彦(やまぐちはるひこ)教授~

この記事は2018-2020年度入りゼミ生の意見を参考に作成しており、個人的な意見や年度によって異なる情報を含む可能性があります。最新情報は2021年度ゼミ募集要項をご確認いただくか教授・教務入試班にお問合せ下さい。

01.研究内容

言葉、特に人とのコミュニケーションの中で使われる言葉について主に学ぶ。
先生は、言語学の中でも特に
語用論を専門にしている。
漫画、ジョーク、映画、本の中で交わされている会話について深く考察したりする内容が多い。

02.授業について

授業の進め方

  1. 各自で事前にレポートを作成(テーマは先生と相談しながら、個人で興味のあることを選ぶ)
  2. 毎週発表担当者を決める。担当でない他のゼミ生は事前に担当者のレポートを読んで、疑問点などを洗い出しておく。
  3. ゼミ当日、全員でレポート内容についてディスカッション

オンライン授業の場合は..

対面授業とほとんど同じ流れ。
(情報提供者が休学中だったため、実際にオンライン授業は受けていない。)

受講時間

3.4年の学部生と二部生で合同:木曜5.6限

課題

主にレポート。
・3年生は一冊書籍を選んで、その内容についての自分の意見を述べる形式。
3年生になる前の春季休業中から、先生と相談しながら書籍選びを行い、
発表日までにレポートを仕上げる
・4年生は、最初卒論の準備としてレポートを書きます。その後徐々に卒論を書き始めます。

教科書

指定の教科書は特にない
レポートを書くために個人的に書籍を購入しなければならないことがある。

03.いいところ!

研究面

・言葉は私たちの生活から切っても切り離せないもので、普段は無意識に使っているが、それらが使われている背景や意図を改めて深く読み取ると、今まで気づきもしなかったことを知ることができる。
会話をしている時、聞いている時の意識が変化することもある。

研究以外

3年・4年かつ学部・二部の合同ゼミであるため、縦も横も仲がいい
(以前は学期が終わるごとにゼミメンバー+先生でよく打ち上げを開催していた。)

04.ゼミの雰囲気!

とにかく先生がとても陽気で楽しい方!
やることをしっかりした上で楽しもう!というのが先生のポリシーのため、冗談を交えながらも真面目に取り組む雰囲気。

05.選考内容、対策

面接あり

06.こんな人におススメのゼミです!

言語学の中でも、会話のなされ方や言葉の裏に含意された意味などに興味がある方にとてもおすすめ!

07.山口治彦教授の研究分野はこちら!

英米学科 山口治彦教授

関連記事

  1. 言語学/心理言語学ゼミ紹介~英米学科兼第二部英米英語学・英語研究コース教員ゼミ F.Chang 教授~

  2. メディア史ゼミ紹介~ICCコース教員 繁沢敦子(しげさわあつこ)准教授〜

  3. 認知意味論ゼミ紹介~英米学科 兼 第二部英米英語学・英語研究コース教員 本多啓(ほんだあきら) 教授〜

  4. 翻訳・通訳ゼミ紹介~ICCコース教員 長沼美香子(ながぬまみかこ) 教授~



カテゴリー

  1. 第4回JOBinar!教師の仕事って?

  2. 【後期】時間割SHARE!国際関係学科編

  3. 【後期】時間割SHARE!英米学科編

  1. 【第19回】子供ボランティアでキャンプへ!中林仁さんにインタビュ…

  2. 就活コンサルのプロ!キャリアサポートセンターを1から紹介!✨

  3. 【第16回】大学生でラジオAD?!川上陵哉さんにインタビュー🎤✨✨

  1. ESは学生団体での活動+アピール力!~就活期間は「社会と自分につ…

  2. 【休学・長期・ルワンダ】他にはない魅力の詰まったルワンダ留学

  3. ESは充実の留学体験!~納得内定獲得の鍵は「謙虚さと自信」~