文化人類学ゼミ紹介~ロシア学科教員 藤原潤子(ふじわらじゅんこ)教授~

+2

この記事は2018-2020年度入りゼミ生の意見を参考に作成しており、個人的な意見や年度によって異なる情報を含む可能性があります。最新情報は2021年度ゼミ募集要項をご確認いただくか教授・教務入試班にお問合せ下さい。

01.研究内容

ゼミ生それぞれの研究テーマは本当に自由で、地方観光、ボードゲーム、クトゥルフ神話、ドールハウス、男らしさ女らしさなど興味のあることを選んでいる

02.授業について

授業の進め方

前期…何週かに分けて課題図書を読む各章、担当者がレジュメを作成し、授業で発表する。その後、全員でその章について話し合う。授業の最後には、先生からフィードバックがある。
後期…それぞれの研究の経過報告や参考文献について発表する

オンライン授業の進め方

毎週司会が決められ、その方が進行前半は発表を聞き、後半は話し合い、最後に先生からのフィードバック、という流れ。

受講時間

2020年度は3、4回生共に金曜5限。(2019年度は金曜4限、2021年度も変更になる可能性あり。)

課題

その週で読むことになっている章を事前に各自で読む。さらに発表者に当たっている時は、レジュメを作成し発表の準備をする。

教科書

取り扱う本は毎年変わる。2020年度前期は、〈賄賂〉のある暮らし』(岡奈津子)と『オランダ流ワーク・ライフ・バランス』(中谷文美)の2冊を授業で読んだ。

03.卒論について

日本語でよい。(ロシア語ができたらアンケートや調査で使えるのでできたほうがよい。)内容は人それぞれ。
外国にルーツを持つ子どもの学習環境について調査し、小学校の先生や子育て中のロシア人女性へのインタビュー学習支援を行いデータを集めている人も。

04.いいところ!

研究面

インタビューや参与観察が必須のゼミなので、はじめての場所に一人で飛び込み知らない人と打ち解ける力が身につく

研究以外

同期も後輩も真面目にコツコツ頑張る人が多いので、自分も頑張ろうという気持ちが自然と湧いてくる
他のゼミ生の研究発表を聞くのも、ニッチな世界を知るようで面白い。

05.ゼミの雰囲気!

和気あいあいとしている。後期試験の最終日の夜には飲み会がある。

06.選考内容、対策

志望者がそんなに多くないので確認程度。簡単な研究計画を書いてくる。卒業までに中田友子先生担当の「社会人類学 1・2」、「民族誌学 1・2」、「社会調査分析 1」 と藤原担当の「ロシア文化特殊講義 1・2」の7科目の受講が必須。

07.こんな人におすすめのゼミです!

これが知りたい!という熱い気持ちがある人

08.藤原教授の研究分野はこちら!

ロシア学科教員 藤原潤子(ふじわらじゅんこ)教授

+2

関連記事

  1. ロシア語学ゼミ紹介~ロシア学科教員 金子百合子(かねこゆりこ)教授~

  2. 児童文学ゼミ紹介~ロシア学科教員 E.Baibikova教授~

  3. ロシア文学文化ゼミ紹介~ロシア学科教員 清水俊行(しみずとしゆき)教授~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA