【休学・長期学部・オーストラリア】「オーストラリアってコアラだけじゃないんや」〜多民族国家の裏に潜む複雑な歴史と多様性の意義〜

+4

✓留学相談OK!
こちらの記事を提供してくれた「めぐさん」は留学相談を受け付けています!
🌏留学先の国や地域に関すること
🌏留学先の学校に関すること
🌏休学に関すること
を相談できます!
 
 

\気になるタブをタップ!/

留学情報!アドバイス!ストーリー!

留学者のプロフィール

who am I?

■名前
めぐさん

■学科/留学年
英米学科/2020年2月~2020年12月

■自身の留学を表すハッシュタグ
#オーストラリア#メルボルン#学部留学#3ヶ月以上のロックダウン生活#コアラ可愛い

 

留学先情報

留学先情報

■学校名
 スインバーン工科大学

■留学場所
 オーストラリア、メルボルン



■留学形態
 学部
留学

■何を学んでいたか
 文学、ジェンダー学、犯罪学、コミック学、先住民研究、デザイン

■居住先
 寮

■留学期間
 2020年2月〜2020年12月

■物価
 恐ろしく高い。カフェでケーキとコーヒー頼んだらAUD25(約2000円程)は絶対かかる。

■クラスの多国籍度
 日本、中国(私の言った時期はコロナで少なかった)、韓国、香港、東南アジア(マレーシアやベトナムが多かった印象)、ヨーロッパ(ドイツやスペイン多かった)、北米、南米といろんな国からの人がいた!日本人留学生は多い大学だが、学部には少なかった。

■日本人に対するサービス
 日本人のスタッフがいる留学生オフィスがあり、相談しやすい環境。現地に無料の留学エージェントが多く見受けられ、イベントもよくやってた印象がある。銀行や病院は調べれば日本人スタッフがいることもよくあるので、比較的利用しやすい。

■費用
 エージェント(WISH)を使用して学費、寮費、VISA代行代等含めて約250万円現地生活代で約80万円ほど用意した。

■留学前後の語学レベル
 留学前:IELTS6.5→留学後:資格を再受験してないため確かな点数はわからないが、最近洋楽や洋画が大体聞き取れるようになった

■その場所を選んだ理由
 春入学のできる大学
だったため。オーストラリアに行ったことがなかったから。

■留学目的
 現地の大学生と同じように授業を受ける体験をしたかったから。外大にない授業を受けてみたかったから。

 

留学前後のスケジュール

①2019年4~5月
留学手続き開始

②2019年6月
IELTS受験必要な書類は全てまとめる(大学の成績等)

③2019年夏頃まで
必要な書類は全てまとめる(大学の成績等)

④2019年8月
大学決定→履修登録など開始

⑤2020年2月
出国

⑥2020年12月
帰国

留学場所のMy評価

My評価:学校

■友達や先生の雰囲気 ★★★★★
先生とはfirst nameで呼び合うほど距離が近く、親切で質問しやすい環境。留学生に慣れているのでついていけない時も言えば対応してくれた。評価も丁寧。クラスメートもみんな社交的で話しやすくグループワークでも意見を聞いてくれたりしてとてもやりやすかった。

大学の近くの公園。かなりでかい(オーストラリアの中では小さい)。よくルームメイトとブランチしてた!

■授業内容 ★★★★☆
授業番号でレベル分けがいるので自分に合ったレベルで受けれる。豊富な資料を提供してくれるので深く勉強できた。ディスカッションメインで課題をただするのではなく積極的な授業参加が求められより視野が広がったと思うがコロナでオンライン授業だったのでそう言った良さは見えなかった。無念。

■学校のサポート体制 ★★★☆☆
コロナの影響もあったと思うが少し返信が遅く感じた。

■学校の全体評価 ★★★★☆
校舎が新しくて綺麗だが建物がややこしくてちょっと迷う。寮は使いやすく教室まで5分とかからないので便利授業数が多く、aviationやengineering、design、film studiesなど実用的で専門性のある授業が豊富

 
 
My評価:国や地域や住まいの環境

■治安 ★★★★★
本ほどではないが一瞬海外であることを忘れてしまうほど治安がいい。中心のシティでもスリや犯罪を見かけることはあまりなかった。

■アミューズメント性 ★★★★☆
シティ内に有名な観光地が多く回りやすい。ビーチや山などの自然の観光地も多く癒される。ただ、アメリカやイギリスといった大都市に比べるとやはり観光地は少なめで、見る所が多いというよりかは近くのカフェで店員さんとお喋りできるなど、長く住んで良さがわかる場所だと感じた

■住居先の環境 ★★★★☆

■町全体の環境 
綺麗で使いやすい
。寮の入り口、エレベーター、アパートメント、オウンルームすべてにロックがあり、IDカードがないと入れないので安全性が高い。入りたては布団などがなかったので、用意しないといけないものが少し多かった。

■交通事情 ★★★★☆
電車で基本的にどこでもいけます。交通費は高めです。もし車があればもっと自然な場所にもいけるので便利です。

■食事事情 ★★★★★
多民族国家というだけあって、日本、中国、韓国、東南アジア、ヨーロッパなどいろんな国の種類のご飯がある。asian grocery storeも多く日本食が手に入りやすいのは魅力!現地で初めて食べたシンガポールのヌードル「Laksa」(ココナッツベースのスープにfish cakeや野菜、二種類の麺が入ったヌードル)がとても美味しく超おすすめ。いろんな国に行った気分にもなれる。

留学ストーリー~アドバイス編~

①留学準備は早めに始めよう!!

私は準備期間が1年もなかったので少しバタバタしました。早めにすればより多くの選択肢を検討できますし、資格の勉強時間もより確保できます。早めに準備はスタートしましょう。切実なお願いです(切実)。
行く国や学校選びなどで迷った時はこれは譲れないという優先条件を考えて選んでみてください。私は英語圏の大学、文学の授業があるところ、便利で治安の良い場所などで絞っていきました。留学前は想像がつきにくくて決めづらく予想と違った!ということもあると思います。ここだけは絶対にこうしたい…という最低限条件だけでも守れる選択をしてみてください!

②現地語の訛りに慣れておこう!

個人的にですが、オーストラリア訛りが初め全然聞き取れずショックでめっちゃ落ち込んだので、留学前にオーストラリアのニュースを見るなり、ドラマを見るなりして少し慣れておくのはいいかもしれないです。
大学留学なら特に!そうでなくてもスピーキングやリスニングに特化して英語の勉強してから渡航することをお勧めします(反面教師)。


③現地で銀行口座をつくるのもあり!

これは関係ある人ない人がいますが、もし現地に行ったら現地の銀行口座を作るのもありかと思います。オーストラリアのstudent visaはアルバイト可能なので、アルバイトをするなら必要になります。コロナ禍ではemergency fundを受けてる際に必要になりました。
それから例えば現地の友達とご飯を食べに行って割り勘をするときに、現地の銀行口座があればアプリ上でお金のやり取りができます。キャッシュレス社会なのでそれが主流みたいです。銀行にも日本人スタッフがいることがあるのでぜひ活用してみてください!



留学ストーリー~これなしで私の留学語れない~

①勉強のやりがい!

まず勉強はがんばりました。初めて勉強する授業が多くやりがいがありました!日本語でも聞いたことないの内容も多く苦労しましたが、先生も丁寧に指導してくださり生徒も積極的に参加するので頑張れます
課題の提出の仕方もビデオを録画して送ったり自分で漫画を描いたりと日本ではあまり観ない特殊な形態が多く、新しい挑戦も多かったです。

 ②メルボルンの人の良さ!

メルボルンの良さは人だと思います。出会う人みんながあたかかく接しやすいです。
カフェが大好きで、カラフルで可愛いご飯とメルボルンで有名なコーヒーを飲みによく聞きましたが、店員さんとのお喋りも楽しみの一つでした。
街の人もよく話しかけてくれます。よくでかいピアスをつけてたらショップ店員さんが褒めてくれました。是非色んな人と関わってみてください!

カフェで頼んだパンケーキです!リコッタチーズとエディブルフラワーがのってます!見た目がインスタ映えなだけでなく味までめちゃくちゃ美味しいのがメルボルンカフェのいい所。同じメニューでもお店によって盛り付けが違って見た目で楽しませてくれます。おしゃれなお店で美味しいご飯と素敵な店員さんたち。あぁ素晴らしきかな。

③豪州は複雑怪奇..?

最初の見出しにも書きましたが、オーストラリアは複雑な国だなと思いました。先住民研究の授業をうけて何百年と続くアボリジニの人との問題共存していくにはどうしたらいいか、そして新しく移住してきた人々が直面する自分のナショナリティーは何か、自分のaustralian identityとは何か?という疑問を抱いている様子を周りの友人からも感じました。
先住民の方もいて、新しくどんどん移住者がきて、この国は誰のものか、オーストラリアらしさとは何かと常に考える姿勢は日本にはないと思ったのでとても興味深かったです。ただコアラが可愛いだけじゃなくて、なぜ野生のコアラやカンガルーが多くオーストラリア特有の植物も多いのかというと、それがオーストラリアらしさを示すアイデンティティの一つだから、という答えにも辿り着きました。
オーストラリアは長く住めば良さも複雑さも見えてくる国で本当に興味深いなと思いました。

初めて本物のコアラを撫でました。vicではコアラを抱っこするのは法律違反です。それでも撫でたらふわっふわなコアラが可愛くて一瞬で恋に落ちました。豊かな自然と動物たちを守っていく姿は素敵ですね!

最後にメッセージ!

留学はきっとかけがえのない学びと体験を得られる機会になると思います。一人で海外に住むというだけでも、大変なことです。けどその挑戦は人生の大きな財産になると思います。
実りのある留学生活になるようしっかり準備して、たくさんの情報を参考にしてみてくださいね!私の記事も何かのお役に立てれば幸いです!
私も留学前不安が多かったので何でも相談に乗らたいなって思ってます!お気軽に声かけてください〜!!❤️


+4

関連記事

  1. 【カナダ・ワーホリ・ファームステイ】ファームステイで非日常体験!語学環境もばっちり✨

  2. 【インターン・長期・カンボジア】自身の先入観に気付かされた半年間〜国際協力の現場で〜

  3. 【交換・長期・イタリア】沢山の授業に参加して、人と出会い、自分を知る

  4. 【休学・学部・シンガポール】「自分らしく生きる」留学

  5. 【休学・長期・ルワンダ】他にはない魅力の詰まったルワンダ留学

  6. 【休学・長期・学部・デンマーク】幸せの国・デンマークで学ぶ「対話と民主主義」



カテゴリー

  1. 【第19回】子供ボランティアでキャンプへ!中林仁さんにインタビュ…

  2. 第2回JOBinar!コンサル・PRの仕事って?

  3. 【第一回】留学生の今に迫る!北京語言大学 王さんにインタビュー!

  1. 【第19回】子供ボランティアでキャンプへ!中林仁さんにインタビュ…

  2. 就活コンサルのプロ!キャリアサポートセンターを1から紹介!✨

  3. 【第16回】大学生でラジオAD?!川上陵哉さんにインタビュー🎤✨✨

  1. 【休学・長期・ルワンダ】他にはない魅力の詰まったルワンダ留学

  2. ESは充実の留学体験!~納得内定獲得の鍵は「謙虚さと自信」~

  3. 【休学・長期・学部・デンマーク】幸せの国・デンマークで学ぶ「対…