【第55回】水曜祭ファッションショーで優勝した しむらたつきさんにインタビュー🎤✨

よろしければ上の♡をポチッとしていってください!とっても励みになります🥰

みなさんこんにちは~インタビュー班のまゆです!みなさん夏に向けていかがお過ごしでしょうか?

あと1か月で外大生の皆さんは夏休みに入りますね!あと一か月学校生活頑張りましょう^^

さて本日は外大生の英米4回生のしむらたつきさんにインタビューをしました!

しむらさんは昨年外大で行われた「水曜祭」で優勝しちゃうほどのファッション好き!👕

そんなしむらさんにファッションに対する想いだけでなく、自分を大切にすること「ハミダス」についても聞いてみました!大学生活や今後の進路について、とても考えさせられるインタビューになっているので、是非最後まで読んでいただけたら嬉しいです!

ファッションに目覚めたきっかけ

うた
うた

じゃあどうしよっかな。じゃあまず、一年生の時からね、一応たつきのこと知ってるけど、一年生の時さ、ジャージとかで登校してなかった?マジで一般大学生って感じだったよね

いや〜その通りでございます。ふつうの大学生。まあテニサーの大学生って感じやったから

しむらさん
しむらさん
うた
うた

なんかもう今が強烈すぎるからかもしれんけど、マジでどんな服着てたかあんまイメージできん

それな、みんな言うわそれ笑
しむらさん
しむらさん
うた
うた

一年生のイメージそんな感じなんやけど、そっから服装が個性的になっていくきっかけは何だったんでしょうか

学年をあげるごとに少しづつ方向が、今みたいになっていったんですけれども、

まあ最初は普通に、みんなにこう・・・よく思われたいっていうので服を買ってたりしたんだけど、

大学四回生ぐらいからコロナとかも落ち着いてきて、外に出る回数も増えたころくらいに、なんか「せっかく久しぶりに外出るんやし、もっと自己主張したいね」みたいな

しむらさん
しむらさん
うた
うた

自己主張?

「誰かにこう思われたい」というよりは、「自分の存在をアピールしたい」というか・・・。他人指向から自分志向になっていったというか

しむらさん
しむらさん
うた
うた
あ〜なるほど!最初は人ウケを気にしてたけど、自分が着たい服、自分を主張するための服っていうのに変わっていったんや!

入学当初のしむらさん

服を選ぶときのこだわり

服を選ぶときは、本来の使い方を無視するとか、本来やったらこういう場所にふさわしい服を違う場面で着るとか、グレーゾーンを攻めたいというか
しむらさん
しむらさん
うた
うた

具体的に例とかある?

二個グレーゾーンを攻めてるのがあって、一個目がTPOのグレーゾーン、でもう一個が世間体のグレーゾーンジェンダーは、社会のグレーゾーンを攻めていてTPOは、最近だったら、卒業追いコンでフォーマルな格好のところに、変な形のジャケットとか・・・
しむらさん
しむらさん
TPO一個ずつ外した結果、全部外れてたみたいな笑
しむらさん
しむらさん
うた
うた

抑えてるとこなくて全部外しててんな笑

でも、その服自体の根本は、例えばジャケットならテーラードジャケット、スラックスはスラックスで、根本のTPOは守られてるのに、デザインは守られてないと
しむらさん
しむらさん
うた
うた
それでグレーゾーンを攻めてると

まあ、問題提起というか、それってどうなんっていのを思わせる説もある。もう片方の社会的、世間的なっていうのが強くて、例えば俺ミニスカートとかバンバン履くし、レディースのアイテムとか、最近やと肌の露出多めの服とか結構着てるんですよ。

しむらさん
しむらさん
うた
うた
へえーそうなんだ
でもスカートを履いてたら、みんなちょっと動揺するけど、「男がスカートどうなん?」とか「そんな露出多い服着る?」とかそういう疑問を持たせるだけでも面白いかな〜みたいな。アンダーグラウンドから「それはどうなんだ」って声を上げる的なテンションで
しむらさん
しむらさん
うた
うた

なるほど。じゃあ別に例えばたつきがスカート履いてて、「なんでスカート履いてるん?」って言われてもそこに対して何も特に思うことはないってこと?

まあむしろ疑問に思ってくれただけありがたいというか、会話の機会が設けられるというだけで良いんじゃないかと。

しむらさん
しむらさん

しむらさんのコーデが気になる方は、是非こちらからインスタグラムを覗いてみてください!

うた
うた

なるほど ありがとう。じゃあ、他に服を着るとか選ぶ時で共通していることやモットーとかある?

自分で勝手にシーズンテーマみたいなのを設けてる!23SSは個人的には“poison”ってテーマで、見た目が毒持った生き物っぽくて気持ち悪い感じの見た目をしてみよう見たいなテンションかな
しむらさん
しむらさん
うた
うた

それってさ、その直感で選んだ服たちを見て最終的に「あ、これってポイズンをイメージしてたんやな」ってなるんか、先に「今年のSSのテーマはポイズンです」って決めてから直感で選んでるんか、どっち?

どっちもあるかな!尊敬する『コム デ ギャルソン』のデザイナーのレイ・カワクボとかデザイン以外で美術館の芸術作品とかからインスピレーションを受けることもある!
しむらさん
しむらさん
うた
うた
そうなんや!ファッションショーとか服からインスピレーションを受けるのは想像がつくんやけど、画家とか芸術家らインスピレーションを受けるってあんま聞いたことないけど、たつきはどんな感じでインスピレーションを受けてる?
そうですねー最近だったらどちらかといえば作品のバックグラウンドとか、デザイナーの思想とかが大事かな。これから会う人に合わせて、その人が好きなファッションアイテム入れたり、その人との会話を服に反映させたり意味を作ったりもする!
しむらさん
しむらさん

 

 

ファッションショーに出た経緯

外大のファッションショーとは、、

木曜会という外大の団体が「水曜祭 2022 冬」を開催し、そのイベントの中でファッションショーが行われました!その際に優勝したのがしむらさんです!🌟

 

うた
うた

ここまで、俺が聞きたかった部分であり前座(笑)なんやけど、もともとたつきをインタビューしようってなった経緯が、外大のファッションショーで優勝してたやんか、おめでとうございます。圧倒的優勝やったな!

ファッションショーに出ることになった経緯は何だったんでしょうか?

経緯はー、ぶっちゃけイベントあるの全然知らなくて、サークルの後輩の男の子が教えてくれて、でその後輩も出るっていうから、「あ、じゃあせっかくやし、出てみる?」ってなったのがきっかけですね。
しむらさん
しむらさん

ファッションショーで優勝したしむらさん

うた
うた
あーなるほど。でもそんな感じなんかなって想像はしてて、我々KCUFSプラスはたつきさんはいつも服に対して活動してるモデルさんっていうイメージをもってるらしく、みんなから質問集めたら

「普段、ファッションに関わる活動をしていて一番楽しい、やりがいがあると瞬間はいつですか」みたいなのがあるんやけど、インスタにコーディネート載せてる以外になんかしてることとかってある?

まあその、服飾のイベントとかに行ったりするとか、あとはアパレルバイトかな。

しむらさん
しむらさん
うた
うた

なるほどなるほどなるほど・・

これからのキャリア

うた
うた

じゃあさ、将来的にキャリアをどう考えてる?

まあ、そうですね~…。結構迷ってて、もちろん服飾関連に就きたい気持ちもかなりあるんですけれども、芸術家の人と会ってると凄い楽しいから、アート関連?例えばアートイベントの運営とかオペレーター的なやつにも、最近は結構興味があったりして。でも、まだ決め手はないかなという感じですね。

しむらさん
しむらさん
うた
うた
あ、まだ考え中と。
そうそうそう。なんか、急ぐ必要もないかなと。

でも、割とつい最近まで言語系の大学院行こうとしてたから。そっから急に方向転換した分ちょっとまだ不安もあって、まだその業界ではド素人だから、まず一旦業界知るとこから始めよう、みたいな。

しむらさん
しむらさん
うた
うた
なるほどね~。まあ外大はな、「休学」っていう最強ツールがあるから。
別にね、もう外大の今のモットーが「ハミダス」なんだからさ。紆余曲折あってなんぼなんで、むしろそこを楽しもうみたいな
しむらさん
しむらさん

芸術への興味

最近は服も買うけど別のもんも買うことが増えたな

しむらさん
しむらさん
うた
うた

あ、そうなんや!どういうもの?

食器とか絵画とか買いました。あとは観葉植物とか

しむらさん
しむらさん
うた
うた
え~そんなん買うてんの!?そういう人多いよな。観葉植物に走るひと。インテリアとか

あ、そうそう!インテリアとか。でももっとこう…言ってしまえば贅沢品っぽいやつ。必需品じゃなくて、もっとただ単におしゃれな皿とか、かっこいい絵画とか

しむらさん
しむらさん
うた
うた

最近買った絵画1個見してもらってもいいですか?

いいでしょう。これです

しむらさん
しむらさん

しむらさんが最近購入した絵画とお面

うた
うた

うわ!むっちゃ抽象的やな。むずっ!

結構抽象画がすきなんでね。タイトルは「能面」、よく見たら能面やねん

しむらさん
しむらさん
うた
うた

あ、能面やな確かに。これどういう所が気に入ってご購入に至ったんですか?

これは、ぱっと見こう、能面が分解されていくというか。壊れていくみたいな雰囲気を感じて…最近こう…てか俺一回生の時めっちゃうるさかったん覚えてる?

しむらさん
しむらさん
うた
うた

ああうん。今もそんな変わってない気がするけど、確かに言われてみれば、落ち着いたなあ

落ち着いた感じなってたっていうので自分の仮面がくずれたというか。サークルとか、他人に向けてた自分のキャラクターが崩れるというか、別のもんに変わっていく気がして。仮面が分解されていくのが、自分の表面(おもてつら)というか、そういうとこにリンクしたっていう感じですね。

しむらさん
しむらさん
うた
うた

なんか、今このインタビューを通して利他的から利己的になったっていう感じがあったわ。

ああ、そうそう。まさに1番最近の変化はそれですね。なんか、一旦自分を大切にしようのフェーズに入ってる
しむらさん
しむらさん
うた
うた

そこにシンパシーじゃないけど通じるところがあったから、いいなって思って買ったって感じ?

そうそう。この他人に見せる用のお面が壊れていくっていうのは、自分と似てたって感じかな

しむらさん
しむらさん
うた
うた
ああ~そういう買い方いいな。お皿とかはどういう感じで買うん?

最近買ったのはこれやな

しむらさん
しむらさん

しむらさんが購入したお皿

うた
うた

ああインスタの、香水を上に乗っけてたやつ?

そうそう。全部銀じゃない、良いお皿やねんけど、表面に粗が出た部分を見た時に、さっきとちょっと似てるんやけど、こう…金属的な表面に違うものが滲み出てくるとか、ふつふつと現れてる感じ?がまあ言ったら、ずっと元気キャラできてた人間が負のオーラを帯び始めるみたいな(笑)

しむらさん
しむらさん
うた
うた

はあ~なるほどね、感受性研ぎ澄まれてんなあ!

最近はやっぱ芸術に興味があるから、なおさらその傾向が強いですね。あと自分とのシンパシーとかそういうのを考えて買ってますね。せっかくなら色々見出したいな、ってテンションやね。

しむらさん
しむらさん
うた
うた

良いお金の使い方してんな

まあなんか人として深みはでるかな、と。
しむらさん
しむらさん
うた
うた

でも利他的から利己的に自分から変わっていったっていうところが1番興味深いっていうか、面白かったな。そういう変化、たつきにもあるんやって。確かに言われてみれば、1年生の時のイメージとは、何かが変わったなってのはあったかもしらんけど…なにがどう変わったってのは分からんかったから。

順位にこだわらない

質問リストの中から、ファッションショーで優勝してどう思ったか、って質問でちょっと言いたいんやけど、
しむらさん
しむらさん
うた
うた
うんうん

まあイベント出て、結果として優勝したんやけど。正直、なんか嬉しかった訳ではなくて…なんかあんまこう、服を比べるのは好きじゃないというか

しむらさん
しむらさん
うた
うた
ああ、なるほどなるほど
むしろ何か…僕そんな心の広い人間じゃないから、ちょっとカッコつけてる人見て「ああ俺の方がカッコいいかもしれん」みたいな気持ちになるときもあるよ?(笑)

しむらさん
しむらさん
でも何か、目に見えて順位付けをするのが…もう明確にそういう事実として外に、順位を打ち出すっていうことに関してそこまっで俺は嬉しいと思わん人なので。もっと端的に言うと競争すんのがあんま好きじゃない
しむらさん
しむらさん
うた
うた

ああなるほどね。それこそもう利己的っていうか、自分が満足、意義を感じることであればそれで良きみたいな

順位上げたいから服着てる訳じゃないんで。もちろん、「ビリです」って言われたら悔しいよ(笑)けど、1位って言われても個人的にだからどうってわけでもない。

しむらさん
しむらさん
うた
うた

なるほどね。かっこいい

去年のファッションショーでの結果発表待ちの場面

今伝えたいこと

うた
うた

外大生に記事を通して、今こういうことを自分は考えてますみたいな…これが発信できる場として言いたいことがあれば、ぜひ言ってほしいねんけどなんかある?

じゃあファッションの話をしてるんでそれっぽいやつでいうと、せっかくおしゃれ楽しむのであれば皆さんもっと利己的になっていいんじゃないかな、と。まあ僕の一意見ですかね。もちろん、誰かに良く思われたいとか、かっこいいって見られたいとかって気持ちは大事やし…なんなら僕の原始的欲求はそこから始まったんで。そこを否定するわけじゃないけど、嫌に思われたくないとか、なるべく普通の人間にならなあかんってテンションで着てる人がたまにいらっしゃるというか

しむらさん
しむらさん
うた
うた

まあまあ、そやね

なるべく当たり障りのない服を、とか。っていうのはすごい利他的というか。それをずっと続けてると、自分の個性を押し殺すみたいな感じになるんじゃないかなって思ってて。服は1番簡単な自己主張方法やと僕は思ってまして。例えば、俺やったら内面がごちゃごちゃしてるから、そういうのを表したいってなった時に絵描くとか、歌を作るとかってめっちゃ難しいけど服はもっと簡単にできると僕は思ってて

しむらさん
しむらさん
うた
うた

素晴らしいな。刺さる人には刺さるのでは?

もちろん、あれやで?デートとかで彼女に惚れ直させたいとかいう時は、利他的に全振りさせてほしいけどな。

さっき言ってた、嫌に思われるなら普通の服を着るっていうのはもちろんいいことで、そこを否定したいわけじゃなくて、今のそれを踏まえたうえで、たまにはそれのプラスアルファで自分らしさを出す服、そういうものを見てみても良いんじゃないでしょうか、と

しむらさん
しむらさん
うた
うた

なるほど

最近やったらほら、レディースやったらメイクとかでブルべ・イエベとかあるじゃないですか

しむらさん
しむらさん
うた
うた

うんうん、パーソナルカラー

そういうのより自分らしさを探しに行くことに目を向けた方が良いんじゃないかな、外面ばっかり気にするんじゃなくて

しむらさん
しむらさん
うた
うた

そやな。今の世の中的にそっちの方が生きやすいっていうのもあるしね。でも流行とかの他人を軸にしちゃうと、疲れちゃうよな。

そうそう。ちょっとずつでもいいから自己中な瞬間みたいなのも設けておいてもいいんじゃないでしょうか

しむらさん
しむらさん
うた
うた

そやな(笑)話聞いてたらコム・デ・ギャルソンの反骨精神のエッセンスを感じるな

ああ、そう。そこが親和性高いというか、最近は特にそういう本ばっか読んでるな反骨精神は大事やね。

しむらさん
しむらさん
うた
うた
それは俺も共感する。うんありがとう

反骨精神とは、、
しむらさんが好きなブランドコム・デ・ギャルソンのデザイナーの川久保玲さんの原動力と言われていて、西の均一的な美の基準に対し異を唱え、社会や時代への風潮、不条理なことに対する原動力だとされています。(参照 https://note.com/news23/n/n7da42f56b06a ←こちらの記事を読んでいただければ、しむらさんのファッションに対する価値観がよりお分かりになると思います、!)

 

はみ出してもいいんじゃないですか

うた
うた
じゃあ記事にするかは別として裏の部分、もっとディープな部分ある?言いたいこと

まあ…なんかもっとやりたいことやるならたまには変な道を進んでいいんじゃないかっていうっていう主張ね。俺は留年して就活も今してません(笑)

しむらさん
しむらさん
うた
うた

まあ普通の人生っていうものがあるとしたら、ちょっと外れてるよな

この時期って皆さんキャリアを気にするじゃないですか。就活してしっかり会社入って、っていうのがあると思うんやけど、もしやりたいことがある人は無理にそのレールに合わせなくてもいいんじゃないかっていうね
しむらさん
しむらさん
年々こう、安定感というか…なるべく当たり障りのない動きを、というのが強い気がするんですわ。皆をみてるとね、何がしたいかは分かってへんけど、こういうことをやっとこうか、みたいな
しむらさん
しむらさん
うた
うた
うん、分かる分かる

もちろん安定は大事やけど、もしこういう仕事がしたいなとか強い気持ちを持ってる人がいるんやったら、多少はみ出してでもその道に突っ込んでみたりしてもいいんじゃないかな

しむらさん
しむらさん
うた
うた
それが外大のね、最大のテーマではあるもんね

でも、見ての通り将来的に俺がどうなるかって…お金がないとか時間がないとかいうことになりかねない。リスキーやで。やけど、まあそれでも突き進んでみてもいいなじゃないでしょうかっていう
しむらさん
しむらさん
うた
うた
なるほどな。けど、それを実践してるっていう意味では説得力ありありよね

そやね、もう覚悟は決まってるからこっちは。もう自分が新卒じゃなくなることに関して何のためらいもないよ。
しむらさん
しむらさん
うた
うた
まあまあ、そんなもんはあってないようなもんやし。ほんまにそれに価値があるかと言ったら、甚だ疑問なんで俺も。まあ難しいけどね、実際やるってなったら。俺も言うたらちゃっかり就活終わって、そのレール突き進もうとしてるから。まあやりたいことを実現するって面では、ちょっと毛色が違うだけかもしらんけど

もちろん、やりたいことがあって、その前段階として必要やからするっていうのは、理にかなってるというか、むしろ正解やとは思うけど。

俺みたいにとりあえずファッション関連につきたいとか、絵めちゃくちゃ好きで書いてるけど自信ないからちょっと就活しとこかな、っていうようなやりたいことがあるのに安定志向に違う道に進む人がもったいないと思う

しむらさん
しむらさん
うた
うた

確かにね~でも今のたつきは、将来的にどうなるだろうって不安はあるかもしれんけど、その道を選んでることに関して後悔とかも一切ないっていうこと?

そうだね。絶対ないな。
しむらさん
しむらさん
うた
うた
素晴らしいな。ちゃんと軸があるんやな。アイデンティティとかは持ってるんやなっていうか、それを持った方が良いよっていう話やもんね
そやね。大学生の自由が利くうちにそれをやってみたらいいんじゃないでしょうか。今どきほら、転職とかも当たり前じゃないですか。
しむらさん
しむらさん
うた
うた
ああ俺も考えさせられるなあ。ほんまにやりたいことをやった方がってね

まあヤンキーみたいなこと言うけど、人生1度きりなんで(笑)

でもまあコロナでどうしてもそういう機会減ったというか

しむらさん
しむらさん
うた
うた
色んな人の話聞いてたら、コロナでそういう安定志向は、一定ある感じはするな。
うた
うた

たぶん安定に走った方がある程度は楽で、リスク背負わんでいいから、人はそっちの方に行きがちな気がするんやけど。だからこそたつきみたいな選択するんは、リスキーやし、自分で自分の責任を負わなあかんし

まあ常に色々と大変なこともございますが、超端的に言うと、人間くさくいこうやっていう(笑)

しむらさん
しむらさん
でも、就活も回りが結構頑張って上手くいってて、俺には出来ないようなことをみんなバンバン出来てるから、最初はめっちゃコンプレックスというか劣等感ありました。今も0ではないけど…まあ何か、そういう俺みたいなみんなができることができない人なりの生き方があるのでは?みたいな。

その人たちの道ばっか見ないで別の道を自分でもがき苦しみながら見ていく、っていうテンションですね。まあ結局「ハミダス」に帰着すんねんけど(笑)

しむらさん
しむらさん
うた
うた
うん、そりゃそうよ。100人中100人が就活して企業に就職するかと言ったら絶対そうではないし。そういう人間がいてもいいんじゃないかっていうところ
そうそうそう。だから普通にはみ出してもいいんじゃないですかっていう。せっかく外大のな、インタビューやし(笑)
しむらさん
しむらさん
うた
うた

あれもどないして決まったやろうな

そう!なんか急に俺に語りかけて来たんちゃうか、くらいびっくりしたから最初(笑)

しむらさん
しむらさん
うた
うた
そやな、その面で言うたら1番外大生してるかもしれへん
カフプラにインタビューされている人ってすごい人ばっかやんか?海外と協力したりとか、子どもと触れ合ったりとか。ほんとすごすぎるというか…だから全員が全員そういう人じゃないんだよっていう。割とこう、外大のはみ出し者というか(笑)って人もいるんだよ
しむらさん
しむらさん
うた
うた

辰輝を下げて周りを安心させるとかじゃなくて、こういう生き方もあるんだよって提示するって意味でね。いや~おもしろい記事になるのでは?

うん。今までにない記事になるんじゃないかと。カフプラの記事にもね、新しい風を。端的に言うと、無駄楽しもうぜ!っていう。フプラも「ハミダス」ということでね

しむらさん
しむらさん
うた
うた

そうですね。カフプラも「ハミダス」…ありがとう!


執筆者からのコメント

外大では留学等のために4年以上をかけて卒業する人が多く、みなさんが4年で卒業するにしても5年で卒業するにしても、この選択は自分にとって正解なのかと悩む場面が多いと思います。でも、このしむらさんの記事を通して、新たな挑戦を後押しするような記事になっていたら幸いです!!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

是非他の記事もご覧ください🎶
部活・サークル何入ろう?
外大生の留学のリアルを覗き見👀
輝く外大生にインタビュー🎤
面白い企画を全力で!エンタメ記事🔥

同じライターの記事を読む

よろしければ記事下の♡をポチッとしていってください!とっても励みになります🥰
また、最近記事に対するコメントも追加できるようになりました👏記事を更にスクロールして、感想等を残してみてください!

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【第31回】英語でSNS発信するAzzy & May さんにインタビュー🎤✨

  2. 【第34回】模擬国連に参加して3年目!国際関係学科のさえみさんにインタビュー🎤✨

  3. 【第6回】「ふらっと寄って楽しんで」2団体代表・奥山さんの熱い”想い”を聞いてきた!!

  4. 【第61回】タンザニアで英語教員の補助🛫👧片岡眞優さんにインタビュー

  5. 【第38回】外大祭実行委員長!!西海 泉澄さんにインタビュー🎤✨ part 1

  6. 【第20回】モデル&アパレルブランド運営中!得平将吾カイさんにインタビュー!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー