アメリカ文化ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 M. Theado (マシュー・セアドー)教授~

この記事は2017~2020年度入りのゼミ生の意見を参考に作成しており、個人的な意見や年度によって異なる情報を含む可能性があります。最新情報はゼミ募集要項をご確認いただくか教授・教務入試班にお問合せ下さい。

01.研究内容

1950.1960.1970年のアメリカ文学を通してアメリカ文化を見ていきます。
基本的に英語でのディスカッションJack Kerouacや、1960年代アメリカのビート・ジェネレーションについて。(年度によって変動)

02.授業について

授業の進め方

zoomブレイクアウトルームでのグループディスカッションがメイン。
対面授業が許可されている時は、対面とzoomどちらからでも参加可
授業資料はMicrosoft Teamsやzoomのチャット機能を通して配布。

受講時間

学部:月曜3限

二部:月曜6限 (3,4回生合同)

課題

3回生:リアクションシート(A4用紙1枚程度)の提出
予習を指示された週:テキストの通読 

※分量によるが平均30分~1時間程かかることも

教科書

On the Road“  by Jack Kerouac

03.卒論テーマ例

必須です!

英語で20ページ。 アメリカ文学・文化に関わっていれば基本的に何でもOK!

ディズニー、デニムについてなどなど。

英語を使って書くのが難しい、、


📣情報提供者からアドバイス📣
先生としっかりコミュニケーションが取れればあらゆる面で融通が利く!!!

すごくゆっくり話してくれるので聞き取るのにとくに問題はない!!!

04.いいところ!

研究面

アメリカ文学に興味がなくても、先生がわかりやすく解説してくださる
ゼミ生同士で色んなディスカッションができて楽しい!

研究以外

英語が下手でもみんなしっかり聞いてくれ、先生も理解してくれる。
留学の機会も減っている中で貴重な機会だと感じる。
学年関係なく仲良し。

05.ゼミの雰囲気!

コロナ禍でイベントはほとんど無し。
先生の研究分野であるビートジェネレーションについての展示会が7〜8月にあり、

通訳やサポーターの仕事が有。(来年は未定)

06.選考内容、対策

あり(昨年度)

説明会→個人面談(zoomで開催)。

面談では「なぜこのゼミに興味を持ったのか」などの質問に答え、後に200words程度の志望理由書を提出。



対策: 何の研究がしたいかをしっかり言えること

📣情報提供者からアドバイス📣
Theado先生は顔見知りを取ることが多いので、
専攻等で関わったことがない場合は先生の授業を履修すべし!(; ・`д・´)

※あくまでも個人の感想です。

07.教授の研究分野はこちら!

アメリカ文化ゼミ 英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 M. Theado 教授

関連記事

  1. ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 衣川将介(きぬがわしょうすけ) 准教授~

  2. イギリス文化史ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 光永雅明(みつながまさあき) 教授~

  3. 視覚芸術演劇理論研究ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 エグリントンみか 教授~

  4. 第二言語教育ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 矢形 勝秀 (やがたかつひで)講師~

  5. 英米詩ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 西川健誠(にしかわけんせい) 教授~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



カテゴリー

  1. リアルタイム留学体験記!!4月分【前編】

  2. 【オンラインホームカミングデー実行委員会】人と人とのつながりを…

  3. 【教えて先輩!】就活のススメvol.02 ~自己分析編~

  1. 【第30回】”社会に片足を突っ込む”―KCUFSプラス立ち上げ代表・富井…

  2. 学生団体FPUMS(フォピューム)にインタビュー🎤✨

  3. 【第28回】コロナ禍での大学生活…後輩に伝えたいメッセージとは? …

  1. 学生団体FPUMS(フォピューム)にインタビュー🎤✨

  2. 【第28回】コロナ禍での大学生活…後輩に伝えたいメッセージとは? …

  3. 【第26回】独学プログラマー大学生が神戸市外大に?!吉村舜也さん…