アメリカ文化ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 M. Theado (マシュー・セアドー)教授~

0

この記事は2018-2020年度入りのゼミ生の意見を参考に作成しており、個人的な意見や年度によって異なる情報を含む可能性があります。最新情報はゼミ募集要項をご確認いただくか教授・教務入試班にお問合せ下さい。

01.研究内容

第二次世界大戦後のメリカ文化全般を扱う。
人種やジェンダー問題、時事問題から、カントリーミュージック、ジャズ、黒人ミュージックなどの音楽、映画やドラマ、cmなどの視聴媒体や、文学作品等、研究対象は幅広い
テーマは不定期に変わる

02.授業について

授業の進め方

全員でディスカッション
自分の意見を率直に英語で話せればOK。

オンライン授業の場合は..

前半は画面共有を通して教授の講義を受ける。
その後ブレイクアウトルームでグループディスカッション。

受講時間

学部英米:月3
2部英米:月6(3,4回合同)

課題

アメリカの文学作品を読んでくる。
情報提供者によると1時間程度かかるとのこと。
課題については基本事前に知らせてもらえるので、急ぐことはない。

3年:毎回授業リフレクションペーパー(英語でワンパラグラフ)を書き、次の授業で提出
4年:なし(卒論関係を進める)

教科書

‷On the road”、「ライ麦畑でつかまえて」等。
その年によって取り扱う教材は変わる

03.卒論テーマ例

必須。英語で執筆する。
完成形20ページ以上
アメリカ文化/文学に関することであれば
テーマは幅広く設定可能

スケジュール:
・3年の最後のゼミで執筆スケジュール公開
・4年4月にはテーマ決め完了
・6月2週目には4ページ(20ページ以上が最終ノルマ)完了
・10月に20ページのドラフトを提出。(年度により上旬・中旬変動あり)

📣情報提供者からアドバイス📣
先生としっかりコミュニケーションが取れればあらゆる面で融通が利く!!!

04.いいところ!

研究面

・アメリカ文化研究を通して、フラットな考え方が身につくところ。
・教授がアメリカ文化について詳しいので、何を質問しても答えてくれるところ。
・アメリカの様々なジャンルの音楽に触れることができるところ。
・(検索やペーパーレスのため)電子機器が授業中使用OKなところ。
・文学のゼミではないので、本に限らず、映画、広告、ディズニー、ファッションなどあらゆる方面から研究ができるところ。

研究以外

・先生・先輩が優しいところ。
・融通が利くところ。
・自分のペースでできるところ。
オールイングリッシュ!

05.ゼミの雰囲気!

穏やかで、発言しやすい雰囲気だが、ゼミの時間中は皆真剣でメリハリがある
授業内の関係のみで、メンバーでの飲み会や合宿はない。

06.選考内容、対策

面接あり(A4-1枚程度のペーパー提出を求められた年度もあり)

対策: 何の研究がしたいかをしっかり言えること

📣情報提供者からアドバイス📣
Theado先生は顔見知りを取ることが多いので、
専攻等で関わったことがない場合は先生の授業を履修すべし!(; ・`д・´)

07.教授の研究分野はこちら!

アメリカ文化ゼミ 英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 M. Theado 教授

0

関連記事

  1. 英米詩ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 西川健誠(にしかわけんせい) 教授~

  2. アメリカ文化・文学・社会研究ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 松永京子(まつながきょうこ) 准教授~

  3. ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 衣川将介(きぬがわしょうすけ) 准教授~

  4. イギリス文化史ゼミ紹介~英米学科教員 兼 英語圏文化文学コース教員 光永雅明(みつながまさあき) 教授~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA