児童文学ゼミ紹介~ロシア学科教員 E.Baibikova教授~

0

この記事は2018-2020年度入りゼミ生の意見を参考に作成しており、個人的な意見や年度によって異なる情報を含む可能性があります。最新情報は2021年度ゼミ募集要項をご確認いただくか教授・教務入試班にお問合せ下さい。

01.研究内容

児童文学を軸に児童とは何か、翻訳をするにおいて何が重要かなどを多角的に研究するゼミ。

02.授業について

授業の進め方

先生から配られた参考文献のプリントを読みまとめてプレゼン実際に翻訳もしたりする。

受講時間

金曜4限(3、4年)

課題

・プレゼン作り(時間は人による。大体1週間)
・参考文献の読みこみ
・絵本の翻訳
・参考文献のまとめ方

教科書

指定の書籍は無い。ゼミを進めていく中で書籍が決まり各々購入する形

03.卒論について

必須。日本語でよいが、文献を読むために英語やロシア語は必要翻訳レポート(翻訳された文章に自分の解釈をつけるもの)でも卒論と認められる。
テーマ例:「新旧翻訳比較」「翻訳者の人生」

04.いいところ!

研究面

「児童文学の翻訳」と銘打ってはいるが、研究内容が幅広いこと。

翻訳ゼミなので翻訳ばっかりかなと思われがちだが、まずは「児童とはなにか?」「児童文学とは何か?」から始まる。

研究以外

少人数、和気あいあい、先生が優しい。

05.ゼミの雰囲気!

みんなの距離が近いイベントは特になし。

06.選考

あり。 150字程度の取り組みたいことの論文を提出。難しいことは聞かれないが、英語とロシア語の面接がある。英語の学術論文を読む(TOEIC 730・TOEFL iBT 80 それと同等以上の)能力があり、ロシア語能力 A2 レベルに相当する能力を有する(B1 レベルのロシア語能力がある)のが望ましい。

07.こんな人におすすめのゼミです!

分野にちょっとでも興味がある人。ロシア語に自信がなくても大丈夫!

08.E.Baibikova教授の研究分野はこちら!

http://www.kobe-cufs.ac.jp/institute/faculty/baibikova.html

0
  • コメント: 0

関連記事

  1. ロシア文学文化ゼミ紹介~ロシア学科教員 清水俊行(しみずとしゆき)教授~

  2. ロシア語学ゼミ紹介~ロシア学科教員 金子百合子(かねこゆりこ)教授~

  3. 【写真部】文化総部~ 自分を表現できる!~

  4. 文化人類学ゼミ紹介~ロシア学科教員 藤原潤子(ふじわらじゅんこ)教授~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA