【イベント】Qué Será, Será ~城田優さんと考えるSDGs~

よろしければ上の💛をポチッとしていってください!とっても励みになります🥰

みなさんこんにちは!りおです🥰
先月、10月16日に城田優さんを大学にお招きし「Qué Será, Será ~城田優さんと考えるSDGs~」というテーマのもと、講演会を開催させていただきました✨

LOVE&PEACEをモットーに活動し、価値観や境遇が多様な世界観の作品の出演から演出だけでなく、慈善活動にも注力されているエンターテイナー 城田優さん。スペイン系日本人として日本で育ち、そのルーツと多様性や多文化共生について学生と対話したいという思いから本イベントが実現しました✨

今回の記事では講演会の内容について共有させていただくので皆さんぜひ最後までご覧ください(^▽^)

※また今回の講演会「Qué Será, Será ~城田優さんと考えるSDGs~」は
神戸市外国語大学公式YouTubeチャンネルにて公開されておりますので、
下記のページコンテンツにあります「講演会映像」よりぜひご視聴ください!✨

城田優さんのプロフィール

2003年に俳優デビュー。以降、テレビ、映画、舞台、音楽など幅広く活躍。舞台では、第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞を受賞するなど様々な賞を受賞。2016年に「アップル・ツリー」で演出家デビュー。ミュージカル「ファントム」では、演出・主演に加えてもう一役を務めるという異例の三刀流に挑み、話題に。12月には城田優さんが出演・演出するオーケストラコンサート、billboardclassics×SNOOPY『Magical Christmas Night』が兵庫と東京で開催される。

#01城田優さんのルーツについて

スペイン系日本人というルーツから、幼少期はスペインでも日本でも「外人」としてみなされ「自分の居場所はどこにあるのだろう…? 」とアイデンティティクラッシュを経験し、ネガティブな思考に陥ったそうです。

そんな城田さんを救ってくれたのがスペイン人であるお母様のお言葉。
「全員地球人って言ってやりなさい。周りの人も外国に行けば外国人になるのよ!」

この言葉を聞いて城田さんは視点が変わるだけで物事が全く変わって見えることに気付き、
現在も色んな人と関わるうえで「この人は自分と全く違う環境で違うことを感じてきたんだな」と
想像することで物事を客観的に観ることを大切にされているそうです🥰

幼少期に自身が辛い経験をされたからこそ、「自分は絶対相手を裏切ったり傷つけたりする人にはなりたくない」という強い意志を持たれたそうです。

ここでカフプラメンバーうたさんより城田さんへ質問。
(イベント中は「#城田優と神戸市外大」というハッシュタグで質問をリアルタイムで受け付けていました!)

うた
うた
辛い経験をされた中でも逆にあの言葉や行動が嬉しかった、救われたという経験はありましたか?
日本で俳優になった当時、容姿のせいでオーディションに応募しても「その容姿でこの役を演じるのは難しいよ」と言われてしまうことが多かったんだ。23歳のときに大河ドラマのオファーをもらったけど、過去の経験や自分の容姿のことを思い出して一度辞退したんだ。だけど当時のプロデューサーさんは「この役のカリスマ性と城田さんの個性がハマると思った。」って言ってくれて。自分に絶対無理だと思っていたことを後押ししてくれる人の言葉がとても強いエネルギーになったよ。
城田優さん
城田優さん

#02多様な価値観が存在する中で活動していて、思うこと

次に#02のテーマについて「海外の制作陣やエンターテイナーと共同で作り上げていくことの難しさ」を
城田さんにお聞きしました。

日本の人たちは真面目に働く人が多い一方、海外の人たちのすべてが日本と同じ感覚で勉強やお仕事に励んでいる訳ではない、ということをぜひ知っておいて欲しいとおっしゃっていました。
「この人にとってはこれが当たり前なんだ!」と相手に寄り添い、時には「この人たちのやり方に乗っかってみようかな」と選択してみることも大事だそうです。

また、「選択」における後悔について城田さんはこうおっしゃていました✨

「やった後悔」と「やらなかった後悔」があるけど、「やった後悔」が多い方が良い。やったことで「これは違った!」「こうすればよかったんだ!」と経験値・学び・気付きなど必ずプラスになるから。
「やらなかった後悔」は「やっとけばよかった…」という感情しか残らない。
だったら「一回やってみよう」って選択してみて欲しい。きっと可能性を広げてくれるよ。

また、これから生きていくうえで大事にしてほしいメッセージとして
「生きるために仕事をする。仕事をするために生きるのではない。」ということを覚えていてほしい、と私たちに残してくださいました。
一度しかない人生を素晴らしく、豊かなものにするためのお仕事であるから、順番は間違えないで欲しい、とおっしゃっていました🍀✨

ここで学生から寄せられた質問についてカフプラメンバーすみさんが代表して質問!

すみ
すみ
興味があっても「自分には無理なのではないか…」と思ってしまうことにどうやって挑戦したらよいでしょうか?
「気合いと根性!!」なぜやる前に自分ができないと思い込むの?本当にやりたいことに関しては気合と根性を入れ直せばできるはず。例えその習得したことがこの先役に立たなくても、それを習得するまでの期間我慢したことや頑張ったことは決してなくならないよ。
「あれができたからこれもできるはず!!」と自信に繋がると思う。「私はできるはず!」って思って頑張ってみよう。
城田優さん
城田優さん

#03LOVE&PEACE

最後に「LOVE&PEACE」をモットーに活躍される城田さんに「なぜそれがモットーになったのか」お聞きしました。

城田さんは幼少期から愛を本当に大切にされていて、「愛は全ての物事に当てはまることであって、どれだけ愛情持てるかがどれだけ人生豊かになるかに比例する」とおっしゃっていました。漫画でもアニメでも、友達でも恋人でも家族でも、好きなもの・人すべてにおいて活力になるのが愛。愛に対してのパッションがあって、突き詰めて頑張れば見たい景色が見えてくる。そうやって自由にその人たちが感じるように生きればいい自分が自分らしくいられればいい。このような思いから、城田さんは常に「LOVE&PEACE」という言葉を大切にされているそうです✨!

講演会を受けての外大生の感想

講演会を終えて外大生の皆さんに感想をうかがいました✨

「今まで何度もやりたくても自分には無理だと諦めてきた事がありました。ですが、今回のお話を聞いて自分の気持ちに素直になり、やった後悔が多くなるよう過ごしていきたいと思えました。」

「今回の講演会のお話をお聞きして、本当に自分のことだと思えるような共感する内容がとても多くあり、思わずうるっとしてしまう時もありました。Love& Peace, そして気合いと根性というキーワードを強調されていましたが、今日の講演を通してだけでなく、城田さん自身の人生においても体現されていて、とても心が温かくなりました。」

「私自身周りの目ばかりを気にする性格で、やりたいことを言い出せなかったり、もっとこうしたいということを伝えられなかったりして後悔してきた経験が多くあります。 今日のお話を聞いて、今考えてみるとあの場で誰かに何か思われていたとしても、やりたいことができていたならその後悔は今よりずっと少ないのだろうなと思いました。 大学生になって半年経った今はとにかく周りに悪く思われないように過ごして、自分のやりたいことがよくわからないままです。でも、せっかく入りたかった大学に入れたのだから少しでもやってみようと思うことが見つかったら、今までのように悩んで結局やらないのではなく、とりあえずでもやってみようかなと思えました。」

「やらない後悔よりやる後悔、22歳で就職しなきゃいけない決まりなんてない、仕事と自分の生活の順番についてなどなど、本当に忘れられないお話がたくさんあります。自分のやりたいことや外大に来たからこそ語学は頑張ってある程度身につけたいと思います。

講演会映像

今回の「Qué Será, Será ~城田優さんと考えるSDGs~」講演会の映像を
神戸市外国語大学公式Youtubeチャンネルにおいて公開させていただいています。
ぜひ城田優さんの思いを生の声でお聞きください!✨

さて、ここまで記事をご覧いただきましてありがとうございました🥰✨!
今回の講演会が皆さんにとってプラスのものになっていたら幸いです🍀♡
以上、文責はりおが務めさせていただきました!ありがとうございました🥰


 

よろしければ記事下の♡をポチッとしていってください!とっても励みになります🥰
また、最近記事に対するコメントも追加できるようになりました👏記事を更にスクロールして、感想等を残してみてください!

関連記事

  1. 【ラジオ連動企画】すみが世界196ヵ国の首都すべて覚えてみた件

  2. 【検証】外大生なら聞いたことない洋楽の歌詞一発で聞き取れる説

  3. 【調査】偽中国語は中国人に伝わるのか!?

  4. 【夏休みエンタメ企画🎐】カフプラでファイブボンバーやってみた!

  5. 【YouTube】しもふりチューブ・おすすめ動画8選

  6. 【Instagramで1000人に聞いた!】もってる外大生は少数?!レア資格!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー