【第47回】ミュージカルで監督演出を務め大成功!吉本佳乃子さんにインタビュー🎤✨

よろしければ上の♡をポチッとしていってください!とっても励みになります🥰

みなさんこんばんは~🌝
金曜日はインタビュー記事!(そろそろ覚えてくれましたかね?🥰)

本日の成績発表はいかがでしたでしょうか…
私は、コース科目の認識で半期の間がんばったとある授業が自由選択授業だったということを今日知りショックを受けました。(ポンコツ)

成績発表のことは一旦忘れて、毎日演劇に向き合って輝いている外大生のお話をぜひ読んでいただきたいです✨
今回は、英米学科2年生の吉本佳乃子さんにお話を伺ってきました!
好きなことをとことん突き詰め、演劇・ミュージカルに熱い想いを注いでいる佳乃子さんからパワーをもらっていきましょう~💪

ロミオとジュリエットの舞台での佳乃子さん

インカレミュージカルサークル「みーあキャット」

ラララくん
ラララくん
まず、佳乃子さんが所属されている「みーあキャット」とはどんなサークルなのか聞いてみたよ!
みーあキャット
☐大阪大学のインカレミュージカルサークル
☐できてから5年ほど
☐年に2回(夏・冬)大きな公演があり、新人公演も実施
☐日本語での公演
みーあキャット公式ホームページ
ここてぃん
ここてぃん
インカレだからっていうのもあるとは思いますが、どうして阪大のサークルに参加されたんですか?
実家が阪大のすぐ近くなのと、日本語でミュージカルをしてるサークルが関西圏やとなかなかないのが大きな理由です!
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
なるほど!
あとは、高校生の時にみーあキャットの公演を1回観に行ったことがあって。クオリティの高さにすごい感動して、「入りたいな」って思いました。
かのこさん
かのこさん

ディレクターを手掛けた「アナスタシア」

舞台はロシア

ラララくん
ラララくん
佳乃子さんが監督演出を務めた作品について、詳しく教えて!
私が監督演出を務めたのは、「アナスタシア」というミュージカルです。元はアニメ映画でして、それのミュージカル版を参考にしました。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
どういう物語なんですかね?
実在した「アナスタシア」っていうロシアのお姫様のお話です。ロシア革命でロマノフ一家が殺害されたが正娘のアナスタシアだけ生き残ってるかも?という話が実際にあって。歴史上だと結局事実ではなかったんですが、それがもし本当だったら…という感じになっています。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
すごいですね!面白そう~!
面白いです!面白いシーンもあるし、シリアスなシーンもあるし。あと、出てくるのが全部良い曲ばっかりで…!Apple Musicとかでサントラが聴けます。
かのこさん
かのこさん

ディレクターの仕事は”ほぼ全部”!?

ラララくん
ラララくん
監督演出として、具体的にどんなことをしたの?
みーあキャットでは監督演出のことを「ディレクター」って呼びます!ディレクターのすることは、ざっくり言うと”作品に関することはほぼ全部”ですね。作品選びから始まり、キャスティングしたり、元になる作品のアレンジを考えたり。例えば宝塚の同作品の舞台装置はもちろん使えないので、セットをいかに自分たちで再現できるかを考えます。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
色々やってらっしゃったんですね!
あとは練習予定も立てます!この時間からこの時間はこの曲の練習をする、などを毎回決めて、練習を進めていきます。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
普段はいつ練習されてるんですか?
平日は夕方から夜に練習しています!火曜・木曜・土曜か日曜の週3ですね。
かのこさん
かのこさん

アナスタシアの練習風景

ここてぃん
ここてぃん
しっかりと練習されているんですね!佳乃子さんの仕事は他にもあったんですか?
言い出したら割となんぼでも出てくるんですけど😂人に仕事を振るのも結構大事な仕事ですね。ミュージカルって本当に色んな部署があって。楽譜を作る人、振付を作る人、大道具や小道具を作る人、衣装を作る人、ヘアメイクを考える人…色んな役割を持った人に、「これやってください」って仕事を投げていきます。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
ディレクターをされている佳乃子さんを中心に、様々な準備が進んでいってるんですね。
そうですね。でもみんなめちゃめちゃ仕事できるすごい人しかいないので、自分が何も指示しなくても勝手にやってくれてたりして、支えてもらってばっかりです!😊
かのこさん
かのこさん

アナスタシアの本番後

あとは、演技指導もやったりしますね。ここをもうちょっとこう表現しようって考えたり。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
細かい仕事がたくさんありますね!
そうなると、ディレクター任期中はずっとミュージカルのことを考えていた感じですかね~?
あーもうそうですね本当に😂常にミュージカルのことが頭のどこかにあるみたいな感じでした笑
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
私も今KCUFSプラスで代表をやっているので、とってもわかります笑
あれしないと、これしてもらわないと、今日の予定はどうだったっけ、みたいな😂
ですよね!常にやることをメモしています😂
かのこさん
かのこさん

いかに上手く意見をまとめるかがカギ

ラララくん
ラララくん
実際にディレクターを務めた公演を終えてみて、どうだった?

アナスタシアの舞台

一番大変だったのは、いかに上手く意見をまとめるかっていうところでした。ミュージカルは色んな仕事があるから1人でできるものではないんです。
かのこさん
かのこさん
各々が仕事をやっている中で、「これってどうなの?」とか「もうちょっとこうした方がいいんじゃない?」っていうのがいっぱい出てくるんですけど、アイデアを自由に出してるだけじゃ収拾がつかなくて。それらをどうやって1つの作品に求めていくのかを考えるのがディレクターの役割だと思います。取捨選択するのが大変でしたね💦
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
少数意見も尊重しないといけないですが、そうは言っても難しいですよね。全てのアイデアを取り入れることはできないですしね💦
ホールの方との打ち合わせもディレクターがやるんですけど、予算の問題やホール側の都合があってどこかで妥協する必要があるときに、「どこまで妥協するか」を考えるのが難しかったですね…
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
サークルでやっている以上予算の問題は付きまといますよね~💦
プロの劇団やったらパーッと払えるかもしれないですけど笑
そうですね~笑
やっぱり学生だけでやってるのでお金もそんなにいっぱい使えるわけではないですし…
かのこさん
かのこさん

大変な経験が自信を生む

ラララくん
ラララくん
ディレクターやって良かった~ってことはある?
さっきまでの話に関して、確かに難しかったけど、それをやり遂げた、できた、っていうのが自分にとって自信に繋がりました。
かのこさん
かのこさん
意見のまとめ方は歴代のディレクターさんによって結構違っていて、「カリスマ」って感じでみんなを引っ張れる感じの人もいれば、「みんなで頑張る」ことを大事にする人もいたりして。自分はどちらかといえば後者の方でした!色んな意見を聞いて「じゃあこうしよう」「こうしたらいいのかな」っていう風に考えられるようになったのが成長なのかなって思います。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
なるほど…!
みんなの意見をまとめて大きなイベントをやり遂げたとなると、相当大きな自信に繋がりますよね✨

佳乃子さんと演劇

演劇との出会い

ラララくん
ラララくん
高校時代にみーあキャットさんの公演を観たんだよね!
いつどこで演劇と出会って演劇をやってみようって思ったの?
えーっと、まず、2歳ぐらいに…
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
2歳???
はい😄お兄ちゃんが英語劇の習いごとをしていて、2歳ぐらいのときから一緒について行っていました。お遊び程度っていったらあれなんですけど、幼いころから劇には触れていました。けど、小学生のときに他の習い事が忙しくなって一旦休会しました。
かのこさん
かのこさん
ミュージカルを初めて観たのは小学5年生のときで、劇団四季を観に行きました。当時は普通に「すごいな~」っていうくらいだったんですけど、それ以降、1年に1回お母さんが劇団四季に連れて行ってくれるのがすごい楽しみでした。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
定期的に行くと次第にハマっちゃいますよね~😊

宝塚との出会い・運動部退部がターニングポイントに

一気にハマったのは中2の秋に宝塚を初めて観に行ったときです。そこでまず宝塚にハマったんですけど、そこからミュージカル全般にどんどんハマっていって。それが今もずっと続いています!
かのこさん
かのこさん
そこからはなんとなくミュージカルを作る側にも興味が湧いてきました。高校1年生のときは運動部に入っていたんですけどいろいろあって辞めた時に、演劇やってみよっかなってふと思い立って。高校にあった演劇部に入部して、演者も監督も演出もやったし、照明とか脚本とか色々な仕事やらしてもらいました!それとほぼ同時期に、英語劇の習い事も再開して、それは今も続けてます。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
みーあキャットさんとは別でも演劇をされてるんですね!
そうなんです。習い事の方でも😊
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
本当にどっぷり演劇されてるんですね✨
そこからはやる側の魅力にものめり込んでいって。外大の語劇祭も高校生の時に観に行って「かっこいいな」「語劇もやりたいな」って思いました。なので大学入ってから、みーあキャットと語劇のどっちも入って。
かのこさん
かのこさん

語劇祭での佳乃子さん

ここてぃん
ここてぃん
想像していたよりも演劇歴が長くて…!
演劇にどっぷりっていう感じですね✨
頭の中演劇ばっかりですね😌
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
色々経験されている分、それぞれの仕事内容を理解しているから、知識の面でもディレクターをやる上で役に立ってそうですね!
確かに!アナスタシアでは、ディレクターなんですけど照明も担当していて。通常はディレクターが考えた後ホールの人に図面を書いてもらって照明をやるっていう感じなんですけど、今回は自分で図面を書いたので、自分が「こうしたい」って思ったことがそのまま再現できたので、経験していて良かったなって思いました!
かのこさん
かのこさん

語劇団での経験

ラララくん
ラララくん
語劇団での話も聞きたいな!
ここてぃん
ここてぃん
1年生の時に役者さんをされていましたよね。「ほんとにすごい、1年生か同級やん🤩」って思ってました。
キャスト5人のうち3人が1年生でした。練習も楽しかったです!
かのこさん
かのこさん
コメディタッチの作品だったんですけど、思いがけないところでお客さんから笑いが起きたり、逆にウケてほしいなってところでウケなかったり😂
やっぱり演劇面白いって思いましたね。
かのこさん
かのこさん

演劇の魅力は「ナマモノ」であること

ラララくん
ラララくん
佳乃子さんは、演劇にどんな魅力があると思う?
やっぱり「ナマモノ」っていうところですかね~!映像作品って何度観ても全く一緒じゃないですか?…こういうこと言ったら映画好きな人に怒られそうなんですけど笑
映画の中身がちょっと変わってたらホラーじゃないですか😂
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
確かに、5回観たらちょっとセリフや動きが変わるとかは絶対ないですよね😂
映画も大好きなんですけどね!
演劇は、毎回変わるんですよね。実際に役者さんがそこにいて。空気感だったりお客さんの反応だったり。全く同じシーンで全く同じセリフ言ってるのに、「なんか今日はちょっと違うな~」とかあります。アドリブが豊富なお芝居だと特にわかりやすいんですけど、全くアドリブがないお芝居でも、「あ、違う」ってなるときがあって。何が起こるかわからないライブ感っていうのが演劇の一番の魅力だと思います✨
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
確かに…!同じセリフでもやっぱり人の口から1つずつ発せられるから変わってきますよね。臨場感がありますね!

みーあキャット引退、演劇留学、そして就活へ

ラララくん
ラララくん
これからやってみたいこと、挑戦してみたいことなど、今後の演劇の活動はどんな感じになりそう?
一番直近でいうと、今年の夏でみーあキャットは卒業・引退になるので…まずはそこに向けて。次の公演の練習ももう始まっていて、毎日楽しいです!
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
引退公演ですか!最後まで駆け抜けるんですね👏
その後は、9月あたりから交換留学でイギリスに行きます!
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
わ!いいですね~✈
ミュージカルコースがある大学を選びました!英語で現地の演劇の授業を受けることになります✨元々、演劇を学ぶ留学をしたいなと思って外大に来たので。
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
素敵ですね~!
ちゃんと将来のことを具体的に考えて大学や留学先を決めていて尊敬します🥺
好きでずっと携わってきたんですけど、実は演劇の教育を受けたことはあんまりなくて、1度きちんと学びたいと思いました。
かのこさん
かのこさん
1年間行って帰国したら1年間休学して、舞台系の会社のインターン行ったり、レッスンも受けたりしてみたいなと。全然定まってはないんですけど!
まず1年間イギリスでしっかり勉強したいなと思ってます🔥
かのこさん
かのこさん
ここてぃん
ここてぃん
とっても応援してます😭✨
いつか佳乃子さんが何か携わってる作品を観に行けたら嬉しいです!

みーあキャット関連リンク🔗

みーあキャット公式HP

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございました!
KCUFSプラスの運営する当サイトKCUFS+では、これからも様々な活動に取り組む外大生のインタビュー記事を掲載していきます!
インタビュー希望・推薦はこちらのフォームにご記入をお願いします✨

同じライターの記事を読む

よろしければ記事下の♡をポチッとしていってください!とっても励みになります🥰
また、最近記事に対するコメントも追加できるようになりました👏記事を更にスクロールして、感想等を残してみてください!

関連記事

  1. 【第33回】被写体モデルとして活躍!!ー中国学科3回のMさんにインタビュー🎤🌟

  2. 【第68回】大学コンソーシアムで国際交流🤝月山さんにインタビュー🎤✨

  3. 【第24回】AKIRAに君の膵臓を食べたい…日本とロシアを繋ぐのはアニメ?!岡本碧さんにインタビュー🎤

  4. 【第7回】子ども教育に全力を注ぐ神戸市外大生の将来設計とは?多田桜さんの”想い”を聞く!

  5. 脱・雑談下手?!大学生150人にネタ質問してみた結果…【気になる話題6選】前編

  6. 【第53回】神戸下町グルメのパイオニア!第2部英米学科の芝田さんにインタビュー🎤✨

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー