【ユメカツ】就活しくじり先生 vol.1

 

あけましておめでとうございます!
KCUFSプラス就活班のぽんです🍊

さて今回から就活班の新企画、
ユメに向かう外大生のカツ動を応援するコンテンツ」
略してユメカツが始まります!
この企画では内定者やOBOGの方々にインタビューを行い、主に就活中の外大生に向けたメッセージをお届けしていきます!

今回の就活しくじり先生ではカフプラが運営する就活相談マッチングサービスの協力者の方に、就活で「やってしまった~…😱」というエピソードをインタビューしました!

ちなみにカフプラの就活相談マッチングサービスを初めて知った!という方はこちらのInstagram投稿からご確認下さい
22年1月現在、23卒外大生のみ利用開始しております!

 

第一回目は電機・精密機器業界こうさんと、人材業界ひらさんです!

しくじりエピソード以外にも、就活中の息抜き面接対策などのお話もお聞きしたので、ぜひみなさんの就活の参考にしていただければと思います😌

プロフィール

who am I?

■名前
こう
■卒業年度/学科
2022年卒/国際関係学科

■業界
メーカー
■配属予定先
営業、マーケティング

who am I?

■名前
ひら
■卒業年度/学科
2022年卒/国際関係学科

■業界
人材業界
■配属予定先
営業、コンサルティング

 

インタビュー

Q.就活最大のしくじりを教えてください!


スケジュール管理ミス
一日にいろんな企業の面接を受けるように申し込んでいたのですが、自分のミスで予定が被ってしまうことも…
ある日電車に乗っているときに電話がかかってきて、迷惑電話かな?と思って出てみると、「今から面接ですが、、、」とエントリー先の採用担当の方からでした…。結局その企業の面接は受けませんでした。怖すぎて。

 

最終面接が再面接に
最終面接で面接官の方が真顔で質問してきたのにつられて私も真顔で返答をし、『コミュニケーションが取れてない』と判断されてしまいました。
リクルーターの人に「ごめん、再面接やわ…!」と言われてもう一回別の面接官と面接をすることになったのですが、前回が部長クラスだったのに今度は取締役の人と…!
難易度は上がりましたが今度は笑顔を忘れず、無事内定をいただきました😊
笑顔大事!
※リクルーター・・・学生と直接コンタクトを取って採用活動を行う社員のこと

Q.にもしくじりエピソードがあれば教えてください!


・英語面接の練習をしていなかった
そもそもその企業の面接要綱には英語面接があるとは書いていなかったのですが、面接の中で社長に「自分英語得意なん?」と聞かれたので「英語が好きで外大に行きました」と答えると「じゃあ志望動機を英語でしゃべって!」と言われて英語のような何かを喋りました(笑)
でも面接には通って、内定ももらえました!

 

・ESの書き方を解ってなかった
:セミナーで言われた通りに書いただけで満足してしまって、誰かに添削をお願いしませんでした。
ちゃんと大人の人に文章を見てもらうべきだと思います

 

・内定辞退をしたら圧力をかけられた
内定承諾書を書いた後に辞退のメールを送ると「あなたのせいで面接に落ちた他の応募者の気持ち考えたことある??」と脅しのような返信が来ました。怖かった…
※内定承諾書・・・内定を辞退しないことと他の会社の内定を断ることを契約する書類

:私はとある企業の面接で志望度を聞かれたときに正直に「五分五分です。」と答えると「本当にいいと思える会社で働いてくれたらいいよ」と言ってもらえました。泣く泣くそこの内定は蹴りましたがめちゃめちゃいい会社でした。

 

・締切の一日前に速達でESを出した
:今はインターネット提出の企業がほとんどですが、たまに紙で提出するところもあります。
速達はお金も余計にかかるし、手書きでミスしたらまたイチから書き直さないといけないので、郵便で提出するESは早めに書いて余裕をもって出しましょう!

 

・面接の準備不足
某新聞社を受けたときの面接で「うちの新聞で一番印象に残った記事は何ですか?」という質問をされたのですが、さらっと読んだことがあるぐらいで内容を覚えていなかったので、素直に「すいません、読んでいません。」と答えました。当然ながら選考には通りませんでした!
面接を受けるときはその企業のサービスなどをちゃんと理解してから行きましょうね!😂

 

Q.去年の今頃にやっておけばよかったということを教えてください!

:12月まで留学に行くつもりで就活の準備を全然していませんでした。結局一つの業界しか見ずに終わってしまったのでもっと余裕を持っていろんな業界も見ていれば視野も広がったのかなと思います。

:私もこうさんと同じく留学に行こうとしていたので時間がありませんでした。
インターンにもっと行っておきたかったですね。早期選考に進めればもっと早く就活が終わったのかな~と考えてしまいます。
時間がある分だけ選択肢も広がるので早いに越したことはないです。

Q.1月からはどうするのがおすすめですか?

選考を受けつつ自己分析をする。選考を受ける足を止めないことを私は意識していました。よく「自己分析しなきゃわからない…」と自己分析で止まってしまう人がいますが一人で悩んでても進まないので、選考を受けたりOBOG訪問をしたり、とにかく動きを止めないことが少しでも前に進むためには必要だなと思います。

頼れる人を増やすとかですかね。2,3月になると選考が始まり、落ちてしまったときにメンタルが削られるので、友達や就活仲間がいると心強いかもしれません。実際、友達と「面接練習やろ~」と言いつつ最初の30分くらいは普通に駄弁ったり愚痴を言ったりしてました、、、(笑)
そんな感じでやってたので僕自身は就活でメンタルがやられたことはなかったです。

:オンラインで一人でいることが多いからこそ人とのつながりをずっと持っておくことは大事ですね。

 

Q.息抜きはどうしていましたか?

犬の散歩に行ってました。実家の柴犬がへとへとになるまで付き合ってもらいました😂

:毎日夜に走りに行って、外に行けない日は筋トレをしてました。
あと日曜日とかは普通に遊びに行ったりもしてました

:就活は基本平日の昼間なので土日や平日の夜に遊ぶのはありだと思います!

 

Q.面接対策はどうしていましたか?

:私は面接練習をそんなにしていなくて、本番の数を重ねて慣れていきました
でも友達と毎週一回だけでも練習の時間を設定したりして、もっと場数をいっぱい踏んでおけばよかったなと思います。

:2月ぐらいのスケジュール帳を見てみるとだいたい週3で友達や大人の人との面接練習を入れてましたね。
よくある就活マッチングアプリの人とも会ったりしましたが、そういうのはハラスメントがあったりするのであまりお勧めはしません。面接練習をした後に怪しいセミナーに誘われたりとか…

:でもマッチングアプリの中には企業のリクルーターがいい人材を探すために紛れていて、そういう人と面談をすれば一次面接をスキップして選考に進めることもあったりします。こういうメリットデメリットを把握しておくのが大事ですね。

 

Q.最後に現就活生の方に一言お願いします!

:就活はいろいろと大変だと思いますが、僕らを反面教師にしてがんばってください!笑
:就活は情報戦なのでたくさん行動して情報を集めてみてください!

 


以上、ユメカツ 就活しくじり先生インタビューでした!
協力してくださったこうさん、ひかるさん、本当にありがとうございました!

お二人に就活の相談をしてみたいと思った方はぜひこちらのサイトからお申し込みください😊

✓相談OK!
こちらのインタビューに協力してくださった、
こうさん、
ひらさん繋がりたい!という方は
こちらのInstagram投稿からオープンチャットにまずはご参加ください!

22年1月現在、23卒外大生のみ利用開始しております!

※プロフィール欄に載せていているのと同じ写真の方を探してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

近々就活班のもう一つの新しい企画も始まりますのでお楽しみに✨
それではみなさま、残りわずかとなりましたが良い冬休みをお過ごしください⛄❄

関連記事

  1. ESは充実の留学体験!~納得内定獲得の鍵は「謙虚さと自信」~

  2. 【就活のイロハ】いまさら聞けない?就活の基礎知識!supported by キャリアサポートセンター

  3. 就活コンサルのプロ!キャリアサポートセンターを1から紹介!✨

  4. ESは学生団体マネジメント+臨機応変な対応力~キーワードは「自分の言葉で表現」~

  5. ESは分かりやすさ+当然のようで特別な経験!~気にしない&楽しむ精神~

  6. 第2回JOBinar!コンサル・PRの仕事って?



カテゴリー

  1. 【1/23〆】SDGsコンサル短期インターンシップ募集!

  2. [休学わず。] アメリカ・カリフォルニアで語学・学部留学 〜中編〜

  3. 【ユメカツ】就活しくじり先生 vol.1

  1. 【保存版】神戸市外大生に聞いてみた!関西おでかけスポットまとめ🎤

  2. 脱・雑談下手?!大学生150人にネタ質問してみた結果…【気になる…

  3. 脱・雑談下手?!大学生150人にネタ質問してみた結果…【気になる…

  1. 脱・雑談下手?!大学生150人にネタ質問してみた結果…【気になる…

  2. 脱・雑談下手?!大学生150人にネタ質問してみた結果…【気になる…

  3. 【第24回】AKIRAに君の膵臓を食べたい…日本とロシアを繋ぐのはアニ…