ゼミ紹介~多文化・リベラル・英米語文コース教員 矢形 勝秀 (やがたかつひで)講師~

この記事は~2022年度入りのゼミ生の意見を参考に作成しており、個人的な意見や年度によって異なる情報を含む可能性があります。最新情報は2023年度ゼミ募集要項をご確認いただくか教授・教務入試班にお問合せ下さい。

01.受け入れ学科・コース

学部生:多文化共生・リベラルアーツ・英米語学文学コース
二部生:×

02.研究内容

第二言語教育の理論と実践について第二言語習得の分野においてだけでなく、応用言語学・心理学・人類学・哲学など幅広い視点から学び、研究を行うことを主題とする。また、英語教育に関する地域貢献プロジェクトを企画、運営し、身につけた知識や技術の実践を経験する。それらの経験と内省を通して「教える」ことや「学ぶ」こととはどういうことなのかを議論し、それぞれが見出した言語教育学に関する問いを卒業論文につなげる。(研究指導要項より)

教授の研究分野はこちらから!↓↓
https://www.kobe-cufs.ac.jp/institute/faculty/yagata.html

03.授業について

授業の進め方

対話的学習を重視し、主にディスカッションという形で授業を行う。また、中等教育現場にてプロジェクトを行うこともある。

課題

教科書を読んで、よくわからなかった部分や疑問点を見つけてくる。日によるが1、2時間ほどかかる。

04.評価

授業における参加・貢献、レポートなどから総合的に判断する。(研究指導要項より)

05.いいところ!(ゼミ生の声)

研究面

英語を含む言語習得についてまだまだ知らないことが多くあるため、それを学べることが1番楽しい。
また、先生が海外で働いていた経験がある方で、言語習得や第二言語教育について学んでいくうえで実際に体験したこともプラスで教えてくれるため、内容が想像しやすかったり理解しやすかったりする。

研究以外

先生がとてもフランクな方なのでとても話しやすく、ゼミが終わってからも残って先生を含めて世間話をしたりしている。
また、毎回先生が紅茶などさまざまな種類の飲み物を用意してくれるためそれもひとつの楽しみ。
そして、みんな英語がとても上手なのでもっと自分の英語を上達させたいと良い刺激をもらえる。

06.ゼミの推しポイント!(ゼミ生の声)

先生がとても話しやすく面白い方なのでとても明るい雰囲気です。

07.卒論

英語

 

08.選考について

対面で英語による面接。

 

関連記事

  1. ゼミ紹介~英米語学文学コース教員 畑上雅朗(はたがみまさあき)特任准教授~

  2. 教育ゼミ紹介~リベラルアーツコース教員 岡本義裕(おかもとよしひろ)教授~

  3. Hollenback 教授

    Social Justiceゼミ紹介~国際関係学科教員 Michael Hollenback 准教授~

  4. ゼミ紹介~中国語学文学コース教員 任鷹(REN Ying/にんよう) 教授~

  5. 日本語研究ゼミ紹介~総合文化コース教員 リベラルアーツコース 岩男考哲(いわおたかのり) 教授~

  6. ゼミ紹介~英米語文・多文化・リベラル・文化文学コース教員 光永雅明(みつながまさあき) 教授~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



カテゴリー

  1. 【お知らせ】カフプラ日誌が完成しました!

  2. 【参加者募集中】2022年を振り返り&キャリアについて考えるワーク…

  3. 【イベント告知】留学のリアルを引き出せ!『留学トーーク!』

  1. 【ラジオ連動企画】すみが世界196ヵ国の首都すべて覚えてみた件

  2. 語学検定~英語編~📝

  3. 【教えて先輩!】就活のススメvol.05 キャリアコンサルタントに聞い…

  1. 外大生📝バイト実態調査!Part2

  2. 外大生📝バイト実態調査!Part1

  3. 学生団体FPUMS(フォピューム)にインタビュー🎤✨