リアルタイム留学体験記! 4月号

よろしければ上の♡をポチッとしていってください!
励みになります💘

こんにちは!KCUFSプラスです!

『リアルタイム留学体験記』はみなさんに留学生の今を知ってもらうため、月ごとのレポートをお届けする企画です✉🕊

今月の質問🎤
  • 4)の感想
  • (5)の予定
  • 新しくできた趣味があれば教えてください!
  • 日本が恋しいと思う瞬間はありますか?
  • ファッションの変化(新しく手に入れた服はぜひ写真付きで)はありましたか?
留学中の国々✈
ドイツ(今回はお休み)、アメリカ、デンマーク(2人)、中国・上海

 

*体験記に協力してくれる外大生を募集しています!こちらのフォームからぜひお申込みください!

\気になるタブをタップ!/

アメリカデンマークデンマーク中国・上海

留学者のプロフィール

■名前
Izumi
■学科/学年
第二部英米学科/3年
■学校名
Kalamazoo Valley Community College
■留学形態
自費留学、休学留学など
■留学期間
2023年8月〜2025年4月まで

リアルタイムレポート

■今(4)の感想は?

4月になり、留学してから8ヶ月が経ち、やっと私が住んでいるミシガン州にも春が訪れました。今年は、日本で当たり前のように見ていた桜が見られないのが少し寂しいですが、辺りの花々が綺麗に開花し始めて、これはこれで素敵だなと感じます。

4月中旬に期末試験があったので、4月前半は試験勉強、課題、授業に追われる毎日を必死に生き延びていました。単位を落とすかもしれないと心配していた数学と政治学もがむしゃらに頑張ったお陰で、何とかそこそこの成績をキープすることができ、数学では期末直前の成績が92%を超えていたので、期末試験を免除してもらえました。今学期は、5つのクラスを受講していたのですが、今までの学生生活史上1番忙しい学期でした。
授業、課題、毎週ある小テスト、試験勉強をこなし、終わった今となっては、大変過ぎて渦中の記憶があまり残っていないのですが、諦めずに食らいついていってよかったなと思います。

日本の大学とアメリカの大学の両方に通って切実に感じるのは、当たり前のことを当たり前にすることの重要性と難しさです。授業に出席する、課題の締め切りを守って提出する、試験勉強をきちんと行うなど、これらのことは大学生にとっては当たり前のことかもしれません。しかし、このような当たり前のことを当たり前のように行うのは、実は結構難しかったりもします。友達が授業をサボっていると私もサボっていいんじゃないかという考えが浮かんでしまったり、課題が多いと、締め切りを少し過ぎてもいいんじゃないか、1つくらい提出し忘れてもいいんじゃないかというような、つい楽な方へ進もうとしてしまったりします。私も留学中だけでなく、外大にいた時もそのような考え方が何度も何度も浮かんでいました。ただ、そこで自分に負けるのではなく、忍耐強く取り組んできたお陰で、社会人と大学生の両立や厳しいアメリカの大学生活を乗り越えてこれたのだと感じます。今後も引き続き、当たり前のことをしっかりと行う姿勢を忘れずに頑張っていきたいです。

イベント事としては、バイト先のボスとTaps on Tuesdaysという私の働いているキャンパスで毎週火曜日に行われるディナーイベントに参加したり、友達の卒業パーティーに出席したり、自分のバースデーパーティーを開いたりしました。

Taps on Tuesdays のイベントでは、ボスが「今夜一緒に行かない?」と誘ってくれて初めてこのイベントに行くことが出来ました。いつもは学校の受付の机から会場の入り口で待っているお客様の姿しか見ていなかったので、そのイベントの豪華さに圧倒されました。ビュッフェスタイルでオシャレな料理がたくさん並んでいて、カジュアルな雰囲気を残しつつ高級感もあるイベントだなと感じました。お客様からこのイベントってどんな感じなの?と質問されることも多いので、今後はしっかりと説明できるなと嬉しく思いました。ボスともたくさんお話しできたので、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

また、卒業パーティーとバースデーパーティーでは、何とこの2つの日付が被ってしまい、当日は朝からバタバタでした
日本では、誕生日は家族でお祝いしたり、親しい友達とささやかにお祝いすることがメジャーで、ケーキを買ったり、デコレーションをしたり、サプライズを考えたりなど、主役よりも家族や友達など周りの人が主役のためにバタバタと動くことの方が多い気がしますが、アメリカでは、パーティー文化が根強いこともあり、たくさんのゲストを呼んで豪華にパーティーを開くことが多いイメージです。特に年齢が大きくなってくると自分で誕生日会を開いて、誰を招待するか、当日の食べ物や飲み物をどうするか、どんなデコレーションをするかなど主役が中心となって動きます。

友達の卒業パーティーでの写真!

私も誕生日を迎える前から、日本のように親しい友達同士でささやかに誕生日会を行うか、アメリカ方式で派手にパーティーを開くかどうか迷っていたのですが、25歳という節目の歳であることと、アメリカに留学しているということもあり、アメリカ流にバースデーパーティーを開くことを決めました
決めたのはいいものの、準備が物凄く大変でした。まず、誰を招待するかをリストアップし、ゲストに招待メッセージを送り、出席人数を把握します。バースデーパーティーのテーマを日本とアメリカのフュージョンスタイルと決めていたので、様々な種類の日本料理を作ったり、飲み物やお菓子、デコレーションを買いに行ったり、パーティー会場を予約、見学したり、フライヤーを作ったりなど、誕生日の2週間前からコツコツと準備し始めていたのですが、それでも当日まで準備が間に合っていない状態でした。

振り返ってみると、パーティーのホストになったことがなく、どれもこれも初めての経験だったので、自分が予想していた以上に大変でした。当日は、自分の誕生日会の前に友達の卒業パーティーに参加していたので、帰宅後に爆速で身嗜みを整えたり、用意していた料理が冷凍保存していたせいでなかなか温まらなかったりして、パーティー中もバタバタだったのですが、ゲストのみんながパーティーとっても楽しかった、料理おいしかったよ、会場素敵だった、あなたはベストホストだよなどたくさん褒めてくれて、誕生日パーティーを開くことが出来て良かったなと嬉しく感じました。

誕生日会の料理!見るだけでお腹が空いてきます…

誕生日会の二次会はボウリング

■来(5)の予定は?

4月の終わりから9月の始めまで、私が通っている大学は夏休み期間に入ります。しかし、私は夏学期に統計学、児童心理学、異常心理学の3つの授業を受講するので、またまた課題や試験勉強に追われる日々が続きそうです。夏学期の授業は、外大の集中講義のようなもので、他の学期に比べて、期間が短い分、授業スピードが2倍でかなり集中的に行われるので、科目数が少ないとはいえ気が抜けないなという感じです。
ですが、全てオンライン授業であることと、冬学期に比べると時間にも余裕が出来るので、友達と遊んだり、旅行出来たらいいな〜と思っています。また、夏休みは週29時間まで働くことができるので、平日は毎日7〜8時間ほど働く予定です。勉強もバイトにきちんと取り組みつつ、アメリカ生活ならではの生活を思いっきりエンジョイしたいです。

■新しくできた趣味があれば教えてください!

新しくできた趣味と言えるかわからないのですが、最近は夏休みに入って時間に余裕ができたので、友達と遊びに行ったり、お酒を飲んだりして毎日エンジョイしています。冬学期は私も周りの友達も学業で忙しくしていたり、スケジュールの違いで中々学校で会えなかったりして、お互いの近況を今やっと報告し合って、友達の色んなストーリーを聞けてとっても楽しいです。他にも、サブスクでオススメに出て来た洋画を見たりしてひっそり楽しんだりしています。最近は、リラックスできる時間を持つことができて、夏休み最高!!って感じです笑

■日本が恋しいと思う瞬間はありますか?

もちろん、あります!笑
まずは、日本食が恋しいです。お寿司やラーメンのような有名な日本食はアメリカでもレストランなどで食べることは可能なのですが、梅干し、焼き鳥、納豆などのマイナーな日本食はアジアンショップまで調達しに行かないと食べられないのと、値段も高いので、食べたいなと思いながら、ずっと食べられていません。
先月、日本食レストランでデリバリーを頼んだ際に、”Soba” という項目があったので、お蕎麦がある!と思って興奮してオーダーしたのですが、届いたのは焼きそばで、そば違いでがっかりしました。焼きそばなら、“Soba”ではなく、 “Fried Noodles” となぜ記載しなかったのかが凄く疑問です。Sobaと聞いて、焼きそばではなく、お蕎麦を連想するのは日本人脳なのかなーと考えさせられて、お蕎麦食べたかったな〜と日本が恋しくなる体験でした。

他にも、嫌なこと、辛いことがあったりすると日本が恋しくなります。
先日はルームメイトと些細なことで喧嘩してしまって、謝っても全然許してもらえず、結構激しく責められてしまって、何でこんなに言われないといけないんやろうと落ち込んだ際に日本帰りたいーって思いました。その後、ルームメイトが色々あってイライラしてて、強く当たってしまってごめんねと謝ってくれて仲直りできたので一件落着でした。
辛いことや落ち込むことがたくさんあるのが留学の醍醐味でもあるし、日本に帰りたい、恋しいと思う気持ちが出てきて当然だなと思います。ただ、大変な経験はきっと未来の私の力になってくれると信じているので、このような気持ちも大切にしつつ、今後も留学を最後まで乗り越えていきたいです。

■ファッションの変化はありましたか?

アメリカ人は普段はTシャツとジーンズといったラフな格好をしている人が多いので、服は着られればいいかな〜とコーディネートなどをあまり気にしなくなり、恥ずかしながら日本にいた時よりも更にファッションに無頓着になった感じはします笑
服も結構値段が高いので、中々買えずにいて日本から持っていた服を着回しています。日本の服はデザインが凝っているものが多いので、そのスカート素敵だね!などと良く服を褒められます
唯一アメリカで買った服は、合唱コミュニティーのコンサート用の黒いドレスです。アメリカと日本ではサイズ表記やサイズ基準も異なるので、服を買うのも慎重になります。このドレスを買った時は特にオンラインで買ったので念入りに確認して購入しました。衝動買いを抑えられるのは良い点かなと思います笑

留学者のプロフィール

■名前
すだち
■学科/学年
イスパニア学科3回生
■学校名
Nordfyns Højskole
Vestjyllands Højskole
■留学形態
自費・休学留学
■留学期間
2023年8月〜2024年6月(学校は2023年12月まで)

リアルタイムレポート

■今(4)の感想は?

《トリップ三昧!》
Meet the Worldというクラスでトリップにたくさん行きました!このクラスでは主に世界の様々な分野に関する課題やデンマークのそれに対する状況、対策などについて勉強しています。
一つ目のトリップでは、NPOとして活動する人たちを訪問しました。そこは、工場でもう使われなくなった場所を、何人か集まった人たちがお金を出し合って作り変え、場所を使いたい人たちに貸し出している団体です。例えばオフィスだった場所はスタートアップ企業にそのままオフィスとして提供したり、一部の場所ではHøjskole(学校)を開校したり、建築したい人に倉庫を貸したり、たくさんの人が出入りして自由に使える、とてもいいコンセプトの団体でした!
2回目のトリップでは、collectiveと呼ばれている場所を訪問しました!ちょっと説明が難しいんですけど、違う言葉で言い換えるとculture houseとかcommunity houseとか呼ばれてそうな場所です。シェアハウスみたいに色んなところから集った人たちが同じ家の中で生活していて、それぞれのプライベートな場所に加えてみんなでガーデニング、建築、動物を飼ったりしながら主に自給自足を中心に生活している場所、だと私は認識しています。(コンセプトが難しくて完璧には理解してないです)今回は3箇所訪問しましたが、それぞれのcollectiveに違った色、ルールがあって話を聞くだけでも面白かったです。

両方のトリップの中でした面白かったことは、Dumpster Divingです。直訳するとゴミあさりになります。文字通りゴミあさりをしました。日本では禁止されてますが、デンマークではスーパーのゴミの中からまだ食べれそうなものを漁って持ち帰ることができます。決して汚いゴミ箱ではなくて、形の悪い野菜や果物、賞味期限が近く売れ残ってしまったものたちが放り込まれている、という方が近いと思います。もちろんホームレスの人もやっていますが、そうでない場合もNo food wasteを掲げてdumpster divingをしているデンマーク人がいることを今回のトリップで知りました。最初はもちろん怪しいなとも思いましたが、、全然食べれる!まだ全然冷たいままの冷凍食品もゲットできる!ちなみに私たちは真空パックのサーモンを大量に、パン屋さんからのdumpster divingでは大量の売れ残りパンをゲットしました。

《デンマークで迎えた誕生日》
誕生日をデンマークで迎えました!
デンマークには誕生日やお祝い事の時にデンマークの国旗を出す文化があって、そこらじゅうに国旗が散りばめられてました!私の誕生日はトリップ中だったのにもかかわらず、みんながサプライズでケーキを用意してくれて(ちなみにdumpster diving cakeです)プレゼントも用意してくれて、その日1日は何してもいいし何にもしなくていい、という日本では味わったことのない誕生日でした!他の友達も、トリップに行ってて直接祝えないからと、生徒全員でオリジナルのバースデーソングを歌って動画に撮って祝ってくれたのは本当に本当に嬉しかったです。私の学校には朝誕生日の人をみんなで起こしに行くという文化があるのですが、トリップ中だったのもありそのことをすっかり忘れていて、めちゃくちゃ早起きしてしまいみんなをしょぼんさせたのが唯一の心残りですね、、

dumpster diving cake (誕生日ケーキ)

《オークション》
同じくデンマークの留学体験を書いているまめたろうさんも3でメンションしてたみたいに、Højskoleにはオークション文化があるみたいですね。それもすごい桁の!
私のところでは誰かが描いた絵、陶芸など物理的なものから、“毎朝起こしに行く“や“〇〇さんに一日スウェーデン語で話させる権利“などユニークなものもいっぱい出品されていました。ちなみに私は“私とポップコーンピクニックできる“を出品しました。2人に、それぞれ4000円ずつくらいで売れてしまって少しびびっています、、ポップコーンピクニックなのに、、 オークションの合計金額は50万くらいで、ガザとウクライナに寄されることになりました。

■来(5)の予定は?

5にはStudy Tripに行きます!私の学校はsustainabilityに特化した学校なので、環境に悪い飛行機は使わねえぞ!ということで学校から1時間くらい北に行ったところの小さい街を転々としながら一週間滞在します。前の学校ではギリシャというまったく違う場所にもっと長い期間行ったので、全然違う経験ができるんじゃないかなとわくわくしてます。

■新しくできた趣味があれば教えてください!

結構前にも書いたような気がしますが、一つ目は石拾いです!石を削って磨いてジュエリーを作る授業を前の学校でとってから石を拾うのが大好きになりました!石って磨くと全然違う見た目になってつるっつるのぴかっぴかになってめっちゃ綺麗になるんです!ポテンシャルがすごいんです!あと、場所によって取れる石が全然違うことにも気づきました!ギリシャの石とデンマークの石、全然違う!拾う時に、この石は磨いたらどんな感じになるんかなとか想像しながら拾うのはもう至福の時間ですね。

これから磨かれる予定の石たち

あとは最近日本でも流行ってそうな編み物と、服作りです。デンマークに来る前から編み物はしていましたが、来てみてびっくりまあみんなすっごく編んでます!信じられないくらい四六時中編んでます。そもそも日本より編み物文化はありましたがコロナの間に激流行りしてそれが続いてるみたい。

最近は芝生+編み物が定番

あとは、textileのクラスをとっているおかげで服を作るのが趣味になりました!それからはどうやって自分が持っている服が作られているか、どんなテクニックが使われているかを見るのが楽しくて楽しくてしょうがない!新しいのを布から作るだけじゃなくて、使わなくなった服を自分の好きなように作り替えてupcycleする技術を覚えてからは、自分のクローゼットの中で着ない服の割合が減った気がします。別愛着が湧いて長く使うようになるし、新しいものを買わなくなるのもすごくいいです!

以上私の新しいだいすきな趣味たちでした

■日本が恋しいと思う瞬間はありますか?

食べ物に限りますね。デンマークのご飯も美味しいですが味がない時が多くて、、良く言うと素材の味って感じ。日本の出汁とかウマミが恋しくなることはしばしば、、

■ファッションの変化はありましたか?

留学あるあるかもしれませんが見た目をあまり気にしなくなりました、、あまり服も買わなくなったし、既に持ってるものをどうにかしよう、としてる周りの人たちに影響されて上に書いたみたいにうより作るが多くなりました。下の写真は、よくある襟シャツをupcycleして最近作ったトップスです。

留学者のプロフィール

■名前
まめたろう
■学科/年
英米学科/3年
■学校名
Egmont højskolen
■留学形態
自費留学、休学留学など
■留学期間
2024年2月〜2024年6月

リアルタイムレポート

■今(4)の感想は?

《1週間の修学旅行行ってきた!🏃》
チームによって色んな行き先があるのですが、私はデンマークとドイツの国境付近、シェンダームステンと呼ばれるところに行ってきました!国境に沿って長い長いハイキングコースが続く場所です。ハイキングを中心にちょくちょくミュージアムに寄ったり、街を散策したりという感じでした🙆ドライブでドイツに一瞬入ったりもしたのですが、あまりに地味に国境を渡るのが面白かったです笑 普段話した事の無かった人達とも少人数のグループのなか、しっかりコミュニケーションが取れたのが良かったです😌

(以下写真で様子をお届け)

ひたすら歩く

ぬかるみも歩く

気づいたら鳥おった

デンマーク南部で伝統的なケーキのブッフェ

デンマークの町並み 曇天がポイント

リーベっていう古い町

ドイツに寄り道

港の暴風の中お昼ご飯が全て吹き飛ばされた

レンガの作り方教わった

《新しい授業が始まった!》
イースター・修学旅行を挟み、セメスターの後半にさしかかる頃なので、いくつかの授業が新しい内容に切り替わりました!今回私が新しく取ったのはガラスと焚き火😍ガラスは黙々と作業ができ、焚き火は皆と話す機会が豊富にあるので楽しいです✨
特に焚き火では毎回料理をするのですが、おいしすぎて飛びます

《samso島、westcoastに行ったよ~》
samsoはユトランド半島東側の海にある小さな島で、私の住んでる街から出るフェリーにのって週末散歩をしに行きました~。天気は最高でなかなか乗る機会のない舟も楽しかったし、島特有ののんびりさがあって最高の散歩でした😊

  

westcoastは授業の一環で行きました!漁業が有名らしくフィッシュアンドチップスがおいしかったです。風に向かって身体傾けられるくらい風が強かった!あとはめっちゃくちゃ広いビーチが続いてるんだけど、世界大戦の時の地雷が沢山埋まっていて立ち入り禁止だった時代もあるらしい🤔(land of mineという映画にもなってるよ~)

《学校職員さん企画の大きなパーティーがあった》
企画から準備、後片付けまで全てアシスタントティーチャーと呼ばれる学校職員さんがやってくれるパーティーがありました!設定されたテーマは副校長の身体の中で、私達生徒は食べられる食べ物の仮装をしました(?)私はさくらんぼになりました(?)
コンセプトは企画した本人達もよく分かってないくらいユニークでしたが、テーブルセットから衣装からダンスホールのデザインまで、コンセプトにそってこだわり尽くされていて凄かったです!オリジナルビデオなんかも放映されて、皆が楽しんで笑っている様子になんだか涙が出そうになるくらい幸せなカオス空間でした😊✨

今月はイベントが盛りだくさんで、沢山の新しい視点や考えさせらるタイミングがあったなと思います。まとまらない考えや悩みも沢山生まれたので、これからじっくり考えたり相談したりする時間を取りたいなと考えています🙆

■来(5)の予定は?

5月はセメスターの終わりも近く、学校全体規模のイベントはあんまりないので個人作業に集中する予定です!セメスターが終わった後の旅行計画を立てたり、帰りの航空券を取ったり、就活準備をぼちぼち考えたりなど。
一応学校行事としては大きな音楽フェスがあるみたい!最近デンマークで人気になってきたバンドが来るらしいけど、私が知ってるバンドは無いかも、、😖笑
あとは他の生徒数名とコペンハーゲンまでhandicapのデモに参加してみる予定!

■新しくできた趣味があれば教えてください!

ひなたぼっこ
ようやく晴れの日も増えてきたのでよく外にでて寝ることが多いです!チルに全力を注ぐデンマーク人は部屋から布団を担いでくる人もいます笑🌞

■日本が恋しいと思う瞬間はありますか?

圧倒的日本食!!!!!!
材料はある程度手に入るので自分で作ることもありますが、やっぱり日本で食べていた味とは少し違う気がする、、!最近はよく夜な夜なおいしそうな和食を検索し食べた過ぎて狂い自爆しています。もはや駅前のときわそばが老舗高級料亭のごとく輝いて見えます

餃子、卵やき、唐揚げ、ラーメン

■ファッションの変化はありましたか?

古着をよく着るようになりました!新品の洋服を買おうと思うとデンマーク価格なのでやはり少し高く感じるのですが、セカンドハンドショップが割とどこにでもあって、最近はそこで買うことが多いです!なんなら学校でセカハンイベントをしたりしてました。

tommyのジーンズ400円!dickies800円!

留学者のプロフィール

■名前
まめ
■学科/学年
中国学科 3回生
■学校名
華東師範大学
■留学形態
自費・休学留学
■留学期間
2023年9月〜2024年7月

リアルタイムレポート

■今(4)の感想は?

学校の社会見学で江西に行きました!どこに行く等を何も知らされていなくてスカートで2600段の階段を上り下りして滝を見に行きました。帰ってきたその次の日からコロナで寝込んでしまい、体力の限界を感じました笑
ネットでその滝のことを調べたら「すごく過酷だから絶対に行くな」と沢山書いてあり面白かったです。

滝の「三叠泉」

■来(5)の予定は?

5月は日本のゴールデンウィークの時期に労働節という5日間の休みがあるので杭州に行く予定です!そのほかの日は大型連休はどこに行っても人が多いので、図書館などで勉強して過ごしたいと思っています。労働節が終わってから友人達と南京に行く予定です。南京にもずっと行ってみたいと思っていたのでとても楽しみです!

■新しくできた趣味があれば教えてください!

インドネシア語の勉強をまた始めました!元々外大の授業でインドネシア語をとっていて、ルームメイトがインドネシア人なのでせっかくの機会と思いインドネシア語を勉強しています!中国伝統舞踊のクラブにも加入していますが、予定が合わず中々参加できていません…

■日本が恋しいと思う瞬間はありますか?

ドーナツが食べたくなった時です!!中国でドーナツ屋さんを見かけたことがないので、とても日本のドーナツが恋しいです。

■ファッションの変化はありましたか?

中国に来てから肌見せが増えて頭にリボンをつけるようになりました笑 みな好きな服を着ているので私も好きに身につけるものを選んでいます♪

ミニスカートを履いて頭にリボンを日常的につけるようになりました

🔼上部に戻る🔼

 

以上、4月のリアルタイム留学体験記でした!

協力者の皆様、レポートのご提供ありがとうございました!
今月も読んでいて楽しくなるレポートでした✨

やはりみなさん日本の食べ物が恋しくなるんですね…。慣れ親しんだ美味しい味ですからね。仕方ない

そしてもっとたくさんのリアルタイム留学体験記をお届けしたいので、現在留学に行っていたり(オンライン留学でも!)、行っている方がお知り合いにいたりしたら、ぜひご協力よろしくお願いいたします!
↓↓詳細&応募フォームはこちら!↓↓
「リアルタイム留学体験記」協力者募集✨

最後まで読んでいただきありがとうございました!
引き続き留学体験記を掲載していきます!お楽しみに💖

関連記事

  1. リアルタイム留学体験記!10月分 【中編】

  2. リアルタイム留学体験記!!6月分【前編】

  3. リアルタイム留学体験記!!12月分【後編】

  4. リアルタイム留学体験記!3月号【後編】

  5. リアルタイム留学体験記!!2月号【前編】

  6. リアルタイム留学体験記!!9月分

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー